東京多摩エリアにおけるMaaS「 TAMa GO タマ・ゴー 」サービスイン

2021年1月 13 日( 水 )から 実証実験開始

 京王電鉄株式会社( 本社:東京都多摩市、 取締役 社長: 紅村 康 で は、 東京都 が公募した 「令和2年度 MaaS 社会実装モデル構築に関する実証事業」 に採択された 東京多摩エリアでの MaaS の サービス名を「 TAMa-GO」とし、 2021年 1月 13 日( 水 )から2月28日(日)まで実施 します。

《サービス画面(イメージ)》《サービス画面(イメージ)》

《告知ポスター(イメージ)》《告知ポスター(イメージ)》

《ロゴマーク》《ロゴマーク》



 本実証実験では、12月25日(金)14時開設のスマートフォン専用サイトを利用して、「交通サービスの統合」「ラストワンマイルの補完」、「生活利便性の向上エリアの魅力発信点から様々なサービスを提供します。電車の乗車券とお買い物券や施設利用券などがセットでお得に購入できるデジタルチケットの販売や、購入したデジタルチケットをスマホで表示して係員に見せるだけで駅の改札が可能など、日常生活をより快適に過ごしていただくサービスを行います。さらに、高尾山など観光スポットへのおでかけにも対応しています。なお、各種サービスは、20213日(から順次提供ていきます

 当社では、高齢化の進展やコロナ禍におけるライフスタイルの変化などが生じている環境において、東京多摩エリアの「交通利便性の向上」「生活利便性の向上」に資する施策とともに、エリアの魅力を発信することで、街の活力を高め、高齢者・若年層・ファミリー層に持続的に住んでいただける便利な街としていくことを目指します。
詳細は下記のとおりです。

TAMa-GOについて
1.実証実験期間
 1月13日(水)から2月28日(日)まで
 スマートフォン専用サイトURL:https://tama-go.jp
 ※一部のサービスはスタート時期が異なります。(専用サイトは12月25日14時に開設します。)
 ※今後の新型コロナウイルスの影響により、実証実験期間やサービス内容に変更がある場合がございます。
名称とロゴマークの由来 
 
多摩+MaaS+GO=TAMa-GO」。孵化しようとしているタマゴを想起させることで、新しい生活  スタイルがここから生まれることを印象付けています。また、ロゴマークの緑は、多摩エリアの豊かな自然   をイメージしており、ヒビに見立てた矢印は、お出かけのナビゲーション機能を表現することと、ユーザー   数増加の願いを込めています。
  
(1)サービス概要
  1月13日(水)から、京王線乗車券に京王聖蹟桜ヶ丘SCお買い物券や多摩モノレール・京王線乗車券、  京王高尾山温泉/極楽湯入館券などがセットでお得に購入できるデジタルチケットを販売します。また、多摩  エリアや高尾山エリアのお出かけスポット情報満載のデジタルマップにより「移動が便利になる・移動したく  なるサービス」を提供します。
  さらに、1月26日(火)から、駅と自宅の移動をさらに便利にするため、聖蹟桜ヶ丘駅から特定エリアに  向かうタクシーの相乗り型輸送サービスを実施します。
  加えて、2月1日(月)からは、バスの金額式IC定期券利用者向けに、京王多摩センター駅最寄りのサテ  ライトオフィス「KEIO BIZ PLAZA」、シェアサイクル「HELLO CYCLING」および駐車  場利用券をセットにした「モットクサブスク」を100名限定で販売し、より快適な生活につながるサービス  をご提供します。
(2)使用例

4.お客さまのお問い合わせ先
  京王お客さまセンター TEL.042-357-6161(9:00~18:00)
 【参考】新型コロナウイルス感染症対策について
 当社では、新型コロナウイルス感染症対策として、様々な取り組みを実施しています。
 詳細URL:https://www.keio.co.jp/news/update/announce/announce2020/200720_corona.pdf
                                                以 上

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京王電鉄株式会社 >
  3. 東京多摩エリアにおけるMaaS「 TAMa GO タマ・ゴー 」サービスイン