田園都市線沿線の新たな地域交流拠点「(仮称)青葉台郵便局プロジェクト」が4月上旬に開業

田園都市線沿線の住宅地の自由で豊かな「働く場」を青葉台エリアに創出します!

今般、横浜市と東急株式会社(以下、東急)が取り組む「次世代郊外まちづくり」で目指すまちの姿「コミュニティ・リビング」(詳細別紙)の推進に向け、モデル地区「たまプラーザ駅北側地区」で得た知見やノウハウを活かし、「青葉台エリア」への展開を開始します。青葉台駅徒歩3分に位置する青葉台郵便局の空き区画を活用した地域交流拠点「(仮称)青葉台郵便局プロジェクト」(以下、本施設)を、2021年4月上旬に開業します。
 横浜市と東急は、2012年4月に締結、2017年4月に更新した「次世代郊外まちづくりの推進に関する協定」に基づき、モデル地区を中心に、田園都市線沿線エリアの新しい働き方・暮らし方やコミュニティ形成の提案など、郊外住宅地の課題解決や新たな価値創造に取り組んでいます。
 田園都市線沿線の住宅地は、「働く場」の不足や少子高齢化、コミュニティの希薄化などさまざまな課題を抱えています。特に、青葉台エリアでは、地域の中に図書館のように読書や作業ができる場や憩いの場・活動の場が少ないとの声が多く聞かれています。
 本施設は、青葉台郵便局建物の2~3階をリノベーションするものです。
 2階エリアは、テレワークなどで利用できるワークラウンジや、交流の場となるブックラウンジ、イベントやセミナーでの利用が可能なワークショップスペースで構成します。ワークショップスペースでは、青葉台エリアの郵便局や、商店街・大学などと連携し、地域活性化に貢献するワークショップやイベントなどを開催することで、地域の交流拠点を目指します。
 3階エリアは、横浜市による「郊外部における働く場の創出事業」の拠点として位置付けた企業や地域の事業者向けの小規模オフィスとして運営し、横浜市と連携して持続可能な郊外住宅地のオフィスビジネスの検証を行います。
 本施設では、コワーキングスペースや小規模オフィスの設置により「働く」機能を導入し、「住む」、「働く・活動する」が融合した自由で豊かな新しいライフスタイルの実現を推進します。

青葉台郵便局外観青葉台郵便局外観

2階ワークラウンジイメージ2階ワークラウンジイメージ

2階ブックラウンジイメージ2階ブックラウンジイメージ

 今後も、「次世代郊外まちづくり」で培ったノウハウを活かして、田園都市線沿線の郊外住宅地に活動を展開し、産学公民連携のもと、地域の課題の解決に取り組み、魅力・価値の創出につながるまちづくりを推進していきます。
 なお、本施設開業に向けてのプレイベントとして、2020年12月から「働く」「子育て」をテーマに、地域の方々と青葉台の魅力を再発見するワークショップを計2回開催いたします。

1.「(仮称)青葉台郵便局プロジェクト」の概要
○所在地:横浜市青葉区青葉台1-13-1
○営業面積 :1,289.20㎡(389.98坪)
○構造・規模:鉄筋コンクリート造4階建
○開業:2021年4月上旬
○設計・監理:株式会社東急Re・デザイン
○施工:未定
○運営管理:東急株式会社(業務委託先(予定):株式会社セミ・チャームドライフ・アソシエイツ)
○機能配置(予定)
【2階】












【3階】小規模オフィス10区画:17.77㎡~68.95㎡

3階部分フロアマップ3階部分フロアマップ

3階小規模オフィス面積3階小規模オフィス面積















※3階オフィス入居に関する問い合わせ先 アオバ住宅社(齋藤宛):045-482-6646

2.株式会社セミ・チャームドライフ・アソシエイツ概要
設立: 2012年4月1日
所在地: 神奈川県横浜市青葉区恩田町1633-4
代表者: 代表取締役社長 新谷 佳江
事業内容:
・イベント企画運営進行トータルディレクション
・施設運営サポート
・地域コネクション支援
・音楽を中心とした人材育成、音楽ソフト企画の立案

3.開業前ワークショップについて ※現時点のものであり、変更となる可能性があります
○第1回:「この街で働くために」
日時:12月26日(土) 14時~17時 (約3時間)
内容:この街の働く場としての現在地の認識をすり合わせながら、どうすればこの街に仕事が溢れていくのか、この街の働く未来をグループワーク形式で深堀りしていきます。
申込URL:www.facebook.com/semi.c.l
・ファシリテーター:金子拓也
(㈲金子石油店代表取締役・NPO法人Waveよこはま代表理事)
石油店を運営するかたわら、まちのなんでもお助け隊の組成や、飲食店の立ち上げなど、様々な視点でまちの盛り上げに尽力している。
・ファシリテーター:村野浩一 (青葉台駅前郵便局 局長)
青葉台を盛り上げる為、様々なイベント企画、人材育成・人脈形成に長く取り組んでこられている、地域の「アニキ」的存在。

○第2回:「子どもが育つまち」
日時:1月9日(土) 14時~17時 (約3時間)
内容:将来地域のまちづくりを担う子どもたちの実情、諸問題の抽出をしながら、どうすればこの街に子どもたちが愛着を持ち、健やかに成長できるのかをグループワーク形式で深掘りしていきます。
申込URL:www.facebook.com/semi.c.l
・ファシリテーター:竹本靖代(NPO法人あおば学校ネットワーク 理事長)
青葉おばけやしきプロジェクトやあおばみんなの学校プロジェクトなど、多数の青少年向けイベントを企画、実施し、子供たちに楽しく学ぶ場を提供している。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. 田園都市線沿線の新たな地域交流拠点「(仮称)青葉台郵便局プロジェクト」が4月上旬に開業