GAFAMの本格参入により加熱するメタバースビジネス。VRビジネスの第一人者が新しいビジネス市場の基本情報から将来性までを徹底解説する『メタバースビジネス覇権戦争』が発売!

誰が「メタバース経済圏」を制するのか? それは私たちの生活をどのように変えるのか?

 銀行、百貨店、家電メーカー、広告会社など、さまざまな業種の企業が、つぎのビジネス展開の対象として「メタバース」に注目しています。最近のニュース報道でも、メタバースのほか、仮想空間、アバターなどといったキーワードを耳にする機会が増えてきました。はたしてメタバースとは何で、そこにどのようなビジネスチャンスがあるのでしょうか。
 このたび発売の『メタバースビジネス覇権戦争』(NHK出版、2022年8月10日刊)では、長年VRビジネスに携わってきた著者・新清士氏が、拡大する新しいビジネス市場の将来性、可能性について解説します。

 

 メタバース(metaverse)が、英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語であることをご存じでしょうか。もともとは、SF小説に登場する仮想空間サービスの名称でした。しかし近年は、新しいビジネスが次々と生まれ、経済規模が今後8兆〜13兆ドルに到達すると予測されるなど、「最も熱いビジネス市場」と見られています。
 本書では、一般にはわかりづらいメタバースの技術の解説からスタートし、先駆的企業である「ロブロックス」や「フォートナイト」のビジネスモデルを紹介します。そして、メタバースビジネスの成長を見越しフェイスブックから社名変更した「メタ・プラットフォームズ」を筆頭に、「グーグル」「アマゾン」「アップル」「マイクロソフト」といったIT大手・GAFAMの戦略を詳しく分析。加えてGAFAM以外の新興勢力各社や日本企業など、さまざまなプレイヤーが入り乱れるメタバースの将来展望について、独自の展望を述べます。

 ビジネスの場として巨大な可能性と無限の成長性を秘めたメタバース。本書を通し、いま旬のキーワードであるメタバースを理解し、そこでのビジネスがもたらす「経済の未来」について考えてみませんか。

 
  • 著者
新 清士(しん・きよし)
1970年生まれ。デジタルハリウッド大学大学院教授。慶應義塾大学商学部及び環境情報学部卒業。ゲームジャーナリストとして活躍後、VRゲーム開発会社のよむネコ(現Thirdverse)を設立。VRマルチプレイ剣戟アクションゲーム「ソード・オブ・ガルガンチュア」の開発を主導。著書に『VRビジネスの衝撃―「仮想世界」が巨大マネーを生む』(NHK出版新書)がある。

 
  • 『メタバースビジネス覇権戦争』 目次
はじめに
第1章 誰が覇権を握るのか
第2章 先駆者としてのゲーム企業――エピックゲームズ、ロブロックス
第3章 メタ・プラットフォームズの野望
第4章 猛追するマイクロソフトと、その他のGAFA
第5章 新興企業に勝ち目はあるか――ナイアンティック、ザ・サンドボックス、VRチャット
第6章 2026年のメタバースビジネス
おわりに
写真出典一覧

 
  • 商品情報

 

書名:メタバースビジネス覇権戦争
出版社:NHK出版
発売日:2022年8月10日
定価:968円(税込)
判型:新書判
ページ数:240ページ
ISBN:978-4-14-088682-3 C0233
URL⇒https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000886822022.html
Amazon⇒https://www.amazon.co.jp/dp/414088682X
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NHK出版 >
  3. GAFAMの本格参入により加熱するメタバースビジネス。VRビジネスの第一人者が新しいビジネス市場の基本情報から将来性までを徹底解説する『メタバースビジネス覇権戦争』が発売!