海の文化・環境問題を楽しく学べる 長崎県諫早市で子ども海のライブ・クイズイベントを開催!

2021年11月19日(金)13時40分~ 【諫早市立喜々津小学校】

一般社団法人日本知識士協会は、海の文化・歴史・海の中の生物や環境問題など海にかかわることを楽しく学べる「海のクイズイベント」を11月19日(金)に諫早市立喜々津小学校で開催いたしました。このイベントは海のことをレクチャーパート(勉強)・クイズラウンド(三択問題・早押し)で学べるプログラムです。参加した5年生90名の皆さんは真剣な眼差しでレクチャーを聞き、クイズでは生まれて初めて触る本格的な早押しボタンをドキドキしながら押す様子はとても感動的でした。
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

  • イベント概要
・開催概要:海のライブ・クイズイベント2021 in 長崎
<プログラム>
チーム戦
1、海のレクチャータイム
2、予選ラウンド(三択の問題を出題)
3、決勝ラウンド(5チームによる早押しクイズ対決)
・日程:2021年11月19日(金)
・参加人数:諫早市立喜々津小学校 5年生(90名)
・開催場所:長崎県諫早市多良見町中里27
 
  • まずはレクチャータイムで勉強!
レクチャータイムは、世界的にも課題となっている海洋問題や、海にまつわる文化・歴史など難しい事柄を学びます。学校ではこれまでも水産センターから海の生態などについて学んだりと学習を重ねてきました。この後のクイズに関わることもあって、子供たちは司会の話に耳を傾け、手元のノートに記入するなど真剣な眼差しです。

  • いよいよクイズ予選ラウンド、そして決勝ラウンド
海のレクチャータイム終了後、まずは予選ラウンドです。
学んだこと、覚えたことをフルに活用して三択問題に臨んだ子供たち。序盤は全員難なく正答していて、中にはノートを急いで見返す姿もありました。まったく知らない問題が出されると、チームで輪になって話し合いながら答えを出していて、正解すると拍手をしたり、中には飛び上がって喜んでいました。
そして決勝ラウンドは、本格的な早押しボタンを使用した早押しクイズ。
予選ラウンドを勝ち残った5チームが、友だちが拍手を送る中、ステージに登場しました。
まずは、順番に名前を呼ばれた児童がそれぞれ早押しボタンを押して練習!決勝戦へ向けた緊張感が伝わります。
レクチャーパートで学んだことや、海にちなんだバラエティに富んだ様々な問題が出され、子供たちは前のめりに、ボタンに手をかけて問題を聞きます。多くのチームが正解を出し接戦模様となったものの、勢いをつけたチームがいっきに勝ち抜き、優勝が決まりました。
惜しくも決勝進出はならなかった子供たちも、クイズに取り組む同じクラスの友人たちの姿を見て、声援や拍手をおくったりと、会場は一体感にも包まれました。

  • 終了後、児童・先生インタビュー
児童「楽しくいろいろな海のことを学べてよかった」「チームで決勝まで行けたけど決勝で負けたけど悔しかった」「仲間と一緒にクイズができたのでうれしかった」「知らないこともあったけど知っていることもあってよかった」「難しい問題もあったがチームの力で優勝できた」
担当の先生「楽しみながらクイズに答えていてとてもよかった。事前に学習したり、海の環境問題についても報道などでよく知っているようで、クイズに臨む姿を見て、子供たちの関心が高いことを再認識した」


団体概要
団体名称:一般社団法人日本知識士協会
本社所在地:東京都港区赤坂7-10-9 赤坂伊藤ビル2F
電話番号:090-2549-3012
代表理事:高橋純子
設立:2021年3月
URL:https://twitter.com/Umi_Quiz

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. 海の文化・環境問題を楽しく学べる 長崎県諫早市で子ども海のライブ・クイズイベントを開催!