成田空港に初めてSAFが導入されます!

~CO²排出量削減によるSDGsへの貢献を目指して~
 成田空港において、全日本空輸株式会社(ANA)により、初めてSustainable Aviation Fuel(SAF、これまでバイオジェット燃料と呼ばれていた)※1が導入されることになりました。従来のジェット燃料と同様に、SAFが航空燃料パイプラインにより輸送されることは、国内空港初の取り組みとなります。
 気候変動への対応は航空業界全体での取り組みが求められています。航空機の運航にかかるCO²排出量は成田空港全体の排出量の約7割を占めており、SAFの導入は、空港としてのCO²排出量削減に大きな効果が期待されます。
 成田空港では、エコ・エアポート基本計画に基づき、積極的にCO²排出量削減に向けた取り組みを実施しています。今後も更なるSAFの導入について検討を進め、NAAグループ中長期経営構想に掲げるSDGsへの貢献を進めていきます。

<写真:ANA様ご提供><写真:ANA様ご提供>

<今後の予定>
・千葉港頭石油ターミナルにSAF到着 10月28日
(受入れたSAFをタンクで静置後、航空燃料パイプラインによる輸送実施。)
・成田空港においてANAのフライトへ搭載(10月28日以降)

 導入されるSAFは、海外から輸入されるもので、当社千葉港頭石油ターミナルに到着後、約47kmの航空燃料パイプラインにより成田空港まで輸送され航空機に搭載されます。

※1 動植物油脂や廃食油等の持続可能な原料により製造された燃料を従来のジェット燃料に混合したもの。従来のジェット燃料と同等の性質と規格認証されていて、CO²排出量の削減効果がある燃料。

※2 SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略で、2015年9月に国連サミットで採択された持続的な国際社会共通の目標。SAFの利用は、SDGsの17の開発目標の1つである「7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに」及び「13 気候変動に具体的な対策を」に位置付けられる。
  1. プレスリリース >
  2. 成田国際空港株式会社 >
  3. 成田空港に初めてSAFが導入されます!