エレベーター市場におけるIoTーコンポーネント別、アプリケーション別、エンド ユーザー別および地域別ーグローバル産業分析、規模、シェア、成長、傾向、および予測2022ー2030年

SDKI Inc.は、エレベーター市場におけるIoTの新レポートを2021年06月07日に発刊しました。この調査には、エレベーター市場におけるIoTの成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111244

エレベーター市場におけるIoTは、2020年に140億米ドルの価値を保持しました。2022年に約162億米ドルの市場価値から、2030年までに約635億米ドルに達すると推定され、予測期間中に16%のCAGRで成長すると予想されています。この市場の成長は、住宅と商業施設でのモビリティの自動化の採用の増加によって牽引されると予測されています。また、インフラストラクチャ開発に関する投資レベルの増加は、市場の成長を推進すると予想されます。

農村部から都市部への人々の移動は、世界中で年々増加しています。現在のシナリオでは、世界人口の 55% が都市部に住んでおり、国連はこれが 2050 年までに 68% に増加すると予想しています。都市化の進展は、新しいインフラストラクチャの需要を後押ししており、間接的に IoT ベースのエレベーターの需要を押し上げています。政府はエネルギー効率の高いインフラストラクチャーに重点を置いています。安全で電力効率の高いソリューションに対する消費者の高い需要により、スマートで接続されたエレベーターは、今後数年間で顕著になる可能性があります。人口シフトの増加、およびエネルギー節約への注目が、スマートでコネクテッド エレベーターの需要を増大させています。これが、エレベーター市場における IoT の成長を後押ししています。

covid 19のパンデミックは、世界中のエレベータにおける IoT の全体的な需要に短期的な影響が及ぶと予想されます。政府が課した厳格な封鎖措置により、2020 年の最初の 2 四半期で需要は大幅に減少しました。また、ロックダウン規制により保留または延期されていた建設プロジェクトが再開されることにより、需要は徐々に拡大する可能性があります。

市場セグメント

エレベーター市場におけるIoTは、コンポーネント別( ハードウェア、ソフトウェア (オンプレミスおよびクラウド)、およびサービス)、アプリケーション別(予防保守、リモート監視、高度なレポート、接続管理など)、エンド ユーザー別(住宅、商業、および産業)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

地域概要

北米地域は、2019年にこの市場を支配しました。これは主に、この地域の住宅のエンド ユーザーがエレベーターに IoT を急速に導入したことに起因しています。さらに、アジア太平洋地域は、予測期間中にエレベーター市場における IoT の大幅な成長を目撃すると予測されています。この地域内のメガシティとスマートシティへの投資の増加は、この地域の市場の成長を後押しすると予想されます。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

エレベーター市場におけるIoTの主要なキープレーヤーには、Bosch GmbH、DOPPLER Manufacturing、Electra Ltd.、Fujitec Co., Ltd.、GRUPPO MILLEPIANI、Hitachi, Ltd.、Honeywell International, Inc.、Huawei Technologies Ltd.、Hyundai Elevator Co., Ltd.、IBM Corporation、KONE Corporation、Microsoft Corporation、Mitsubishi Electric Corporation、Otis Elevator Company、Schindler Group、Schneider Electric SE、Siemens, Telefonica S.A.、ThyssenKrupp AG、Toshiba Elevatorsなどがあります。この調査には、エレベーター市場におけるIoTにおけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/iot-in-elevators-market/111244

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. エレベーター市場におけるIoTーコンポーネント別、アプリケーション別、エンド ユーザー別および地域別ーグローバル産業分析、規模、シェア、成長、傾向、および予測2022ー2030年