ダスキン「排水口カビガード」8月3日(月)より全国で販売開始

8週間に1度、排水口に置くだけの防カビ習慣

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、ワサビの辛味成分によって排水口のカビやピンクぬめりの元を除菌する「排水口カビガード」を8月3日(月)より全国販売します。
カビは、湿度が高く、皮脂や石鹸カスといった汚れなどの栄養分がある場所に生えやすく、浴室はカビにとって繁殖するのに好条件な環境です。一度、カビが生えてしまうとキレイに取り除くのは大変なため、カビを生やさないための予防が大切です。
本商品は、ワサビの辛味成分のイソチオシアン酸アリルがカビやピンクぬめりを抑制します。成分は揮発性で、乾いた状態でも濡れた状態でも常にカビの元になる菌を抑制し、少しづつ染み出すので約8週間効果が持続します。
気になる排水口のカビやぬめり汚れ防止に8週間に1度の「排水口カビガード」でキレイをキープしてください。

 



■リリースPDF原稿
https://prtimes.jp/a/?f=d5720-20200713-7191.pdf

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダスキン >
  3. ダスキン「排水口カビガード」8月3日(月)より全国で販売開始