クラウド型債務管理システム『マネーフォワード クラウド債務支払』を開始

電子帳簿保存法に対応した請求書管理、承認ワークフローのペーパーレス、ハンコレスを実現

株式会社マネーフォワードは、クラウド型債務管理システム『マネーフォワード クラウド債務支払』を提供開始し、請求書管理や承認ワークフローのペーパーレス化、ハンコレス化を実現します。
 なお、本サービスは、中堅企業向けバックオフィス統合ソリューション『マネーフォワード クラウドERP』のサービス拡充第一弾です。

 中堅企業の多くは、インストールが必要なオンプレミス型ERPを利用しています。当社は、2020年10月に、オンプレミス型に比べてコストや導入期間を削減できる、中堅企業向け『マネーフォワード クラウドERP』を発表しました(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20201012-mf-press/)。現在、対応業務領域を拡大するため、サービスラインナップ拡充を進めています。

 今回第一弾として提供する『マネーフォワード クラウド債務支払』は、購買・発注や請求書の支払における申請・承認・決裁のワークフローを、クラウド上で完結できる債務管理システムです。ワークフローで承認・決裁が済んでいる取引データは、クラウド型会計ソフト『マネーフォワード クラウド会計』『マネーフォワード 会計Plus』に自動連携されます。また、電子帳簿保存法に対応しており、紙の請求書の電子管理や保管も可能です。

 当社は、本サービスを通じて、請求書管理や承認ワークフローのペーパーレス化、ハンコレス化を実現することで、出社が必要な紙の書類や押印の業務を最小限に抑え、従業員がテレワークしやすい環境づくりを行います。
 また、『マネーフォワード クラウドERP』のサービス拡充を進めることで、取引量が多く複雑な中堅企業のバックオフィス業務の効率化と、業務フロー改善によるテレワーク導入をサポートし、DX化を推進してまいります。

■クラウド型債務管理システム『マネーフォワード クラウド債務支払』について
 『マネーフォワード クラウド債務支払』は、請求書やワークフロー管理に関わる業務を効率化するクラウド型債務管理システムです。購買・発注や請求書の支払における申請・承認・決裁のワークフローを、クラウド上で完結できます。紙の稟議書や請求書の回覧が不要になるため、ペーパーレス、ハンコレスでの対応が可能になります。また、外出先や自宅からでも申請と承認作業が可能なため、テレワークでも活用できます。
URL:https://biz.moneyforward.com/payable

特 長:
・煩雑な紙の請求書の取り回しをペーパーレスに
・購買・発注や請求書支払の申請 / 承認のハンコリレーを電子化してテレワークに対応
・銀行の更新系APIを活用しワンクリックで総合振込依頼が可能
・請求書の受取と開封、保管のBPOが可能※
※別途オプションサービスのお申し込みが必要です

<イメージ画像>

■背景
 多くの企業では、発注や請求書支払の承認の際に、稟議書や請求書を回覧したり、郵送し押印するなど、紙やハンコが用いられています。そのため、外出先や自宅からの承認作業がしづらいという課題があります。
 当社は、こうした課題を解決するため、クラウド型経費精算システム『マネーフォワード クラウド経費』を通じて、クラウド上で承認ワークフローを完結できる「支払依頼機能」を提供してきました。この度、請求書やワークフロー管理が複雑な中堅企業でも便利にご活用いただけるよう、『マネーフォワード クラウド経費』から独立し、債務管理に特化した本サービスを提供する運びとなりました。
 今後、本サービスでは、債務管理機能の拡充や支払調書の作成など、順次機能追加を行ってまいります。

■バックオフィス統合ソリューション『マネーフォワード クラウドERP』について
 『マネーフォワード クラウドERP』は、中堅企業に必要なバックオフィス業務領域や複雑な手続きカバーするクラウド型ERPサービスです。クラウド型のため、低コストかつ短期間で導入でき、自動バージョンアップでメンテナンス不要、インターネット環境があればどこからでもアクセスできます。『マネーフォワード クラウド』の各種サービスや当社グループ会社が提供するサービス※を組み合わせることで、クラウド型の特長を活かしたまま、統合業務ソリューションとしてご利用いただくことが可能です。
URL:https://biz.moneyforward.com/pr/2020

<『マネーフォワード クラウドERP』で提供予定のサービス>
・『マネーフォワード クラウド固定資産』(2021年5月予定)
・『マネーフォワード クラウド人事管理』(2021年5月予定)
・『マネーフォワード クラウド債権請求』(2021年6月予定)

※『マネーフォワード クラウド会計Plus』/『マネーフォワード クラウド経費』/『マネーフォワード クラウド勤怠』/『マネーフォワード クラウド給与』/『マネーフォワード クラウド社会保険』/『マネーフォワード クラウド債権請求』/『マネーフォワード クラウド債務支払』/『マネーフォワード クラウド固定資産』/『マネーフォワード クラウド人事管理』/『V-ONEクラウド』/『Manageboard』

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/
 
※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マネーフォワード >
  3. クラウド型債務管理システム『マネーフォワード クラウド債務支払』を開始