室町時代作の記録がありながら上演記録のない幻の能を現代に上演! 明之会 名古屋公演『復曲能 和田酒盛』上演決定! カンフェティにてチケット発売

明之会 名古屋公演『復曲能 和田酒盛』が2021年12月11日(土) に名古屋能楽堂(愛知県名古屋市)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて発売中です。
カンフェティにてチケット発売中
http://confetti-web.com/wadasakamori

公式ホームページ
https://hukkyokunouwomirukai.amebaownd.com

LINE公式アカウント 復曲能を観る会
https://lin.ee/LiijD3X 

公式フェイスブック
https://www.fb.me/hukkyokunouwomirukai/

公式ツイッター
https://twitter.com/hukkyokunou


信長公が最後に観たもの
~織田信長と「和田酒盛」~


室町時代作の記録がありながら上演記録のない幻の能「和田酒盛」。尾張出身の天下人・織田信長が本能寺の変の直前、幸若舞の本曲を観て上機嫌であったという記録が残る。仇討を前にした曽我十郎と遊女・虎御前の惜別の場面から一転、有名な鎌倉武将たちの大酒宴の場面となるスペクタクルな演目。十郎を想う虎御前の姿は現代人にも共感と感動を与える。

和田酒盛あらすじ
頼朝の富士の巻狩で敵の工藤祐経を討つことを決めた十郎は大磯へ出向き恋人の虎に別れを告げる。そこに和田義盛が虎の宿でしばし休みを取り、虎と十郎は宴席を共にする。座興に好きな相手に盃を向ける「思い差し」が提案されると虎は十郎に盃を向ける。それを見た三浦一門は今にも十郎に打ちかかろうとする。そこへ弟の五郎時致が駆けつけて朝比奈(義盛の子)と組み合うが、十郎が二人を引き離す。十郎の申し出により朝比奈と五郎が相舞を舞い、やがて十郎も加わり、その後、和田、曽我の地へと帰って行く

■ 出演者
お話: 梅若長左衛門、山田邦明、丹羽幸江 / 独鼓「大磯」: 加藤眞悟、久田舜一郎 / 独吟「反魂香」: 久田勘鷗 / 仕舞「敦盛クセ」: 梅若万三郎 / 仕舞「敦盛キリ」: 梅若万佐晴/仕舞「二人静」: 梅若長左衛門、観世喜正 / 仕舞「小袖曽我」: 梅若志長、梅若紀長 / 能「和田酒盛」: 加藤眞悟、長谷川晴彦、古室知也、梅若久紀、梅村昌功、館田善博、野村又三郎、奥津健太郎、大倉正之助、久田舜一郎、小野寺竜一

■スタッフ
復曲能を観る会(加藤眞悟 長谷川晴彦 古室知也 奥津健太郎)

■ タイムテーブル
2時  ご挨拶 お話
独吟 仕舞 お話
休憩20分

終了予定 4時30分

■ チケット料金
S席:5,000円
A席:4,000円
B席:3,000円
(全席指定・税込)

■ 団体概要
《復曲能を観る会》とは
「能と狂言の力で人と人を繋ぎたい」「復曲は埋もれた文化遺産の発掘」
このふたつを柱に、復曲能の公演活動を通じて古人が大切にしてきた文化を再認識し、一般の方々への能狂言講座、子どもたちへの能狂言教室などを行いながら、「生きている伝統芸能を未来に繋げたい」この志を同じくする能楽師の加藤眞悟、長谷川晴彦、古室知也、奥津健太郎が集い、令和三年五月八日、任意団体〈 復曲能を観る会 〉を設立しました。
設立後、初の本格的公演である令和三年十二月十一日の名古屋公演の企画は、文化庁ARTS for the future!事業の採択を得ました。今後は継続的・発展的に活動し、より公共性の高い組織を目指しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロングランプランニング株式会社 >
  3. 室町時代作の記録がありながら上演記録のない幻の能を現代に上演! 明之会 名古屋公演『復曲能 和田酒盛』上演決定! カンフェティにてチケット発売