プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

サムスン電子ジャパン株式会社
会社概要

2023年11月17日に開催された株式会社ワコム主催「コネクテッド・インク東京2023」サムスン本社の技術・開発担当者が「Galaxy Tab & S Pen戦略」について語る

~なぜ今年5モデルのタブレットを発売したのか?Sペンの魅力とは?~

Samsung

 サムスン電子は、2023年11月17日(金)、18日(土)に東京・新宿の住友ビル三角広場にて開催された、株式会社ワコム主催の「コネクテッド・インク東京2023」で「Galaxy Tab & S Pen戦略」について語るステージセッションを実施いたしました。このステージセッションでは、韓国本社から来日した技術・開発担当のサムスン社員が、ワコム製のSペンの戦略・開発秘話を語り、来場者を盛り上げました。


イベント名:コネクテッド・インク東京2023

https://content.wacom.com/acton/media/43273/connectedink2023tokyo-jp

ステージセッションタイトル:Galaxy Tab & S Pen戦略

登壇者:

①サムスン電子MXビジネス 技術戦略1グループ長 Asher Choi

テクノロジー企業とモバイル通信事業者のための新しいテクノロジー導入およびパートナーシップ管理をリード

②サムスン電子MXビジネス Writing Solutions Lab・ヘッドエンジニア Juwan Park

Samsungモバイル製品用のSペン技術開発とマネジメントをミッションとする

③サムスン電子MXビジネス 製品企画グループ・プロダクトマネージャー Choonghyun Nam

Galaxy Tab S9シリーズのようなフラッグシップタブレットの製品企画など担当

進行:

ワコム 営業(サムスン担当)Joanna Liang

 また、当社は、「コネクテッド・インク東京2023」が人間の創造性・アート・教育・テクノロジーについてコミュニティ・パートナーと探求する場として、ステージセッションをはじめ、会場内で今年発売した「Galaxy Tab S9」シリーズを中心に実機の体験ができるデモンストレーションブースを出展いたしました。

                    Galaxy展示ブースの様子


■サムスンステージセッション 「Galaxy Tab & S Pen戦略」 トーク内容について


進行Joanna Liang氏:

貴社がワコムと協力するようになった経緯を、簡単に紹介お願いします。

→技術戦略 Asher Choi氏:

 弊社は2019年に世界初の折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z Fold」シリーズを発表しましたが、特筆すべきイノベーションはPhablet(ファブレット)というカテゴリーを生み出した「Galaxy Note」シリーズだと思います。ファブレットとは電話+タブレットを意味し、ユーザーの生産性と創造性のために、大画面とデバイスに収納されたペンを提供いたしました。「Galaxy Note」シリーズは私たちがワコムとの13年にわたるパートナーシップをスタートさせたきっかけです。私たちは最適なテクノロジーを広く探し求めましたが、ワコムの革新的なペン技術は、妥協のない品質を求める当社の基準を満たす唯一無二のものでした。

 そして、2011年に最初のプロジェクト「Galaxy Note」を発表して以来、私たちは主要なスマートデバイス、特に大画面のデバイスすべてにおいて、ワコムが搭載するSペンの技術を着実に増やしてきました。今年だけでも、スマートフォン2機種※1、タブレット5機種※2、ノートパソコン2機種※3にSペンを搭載しています。スマートデバイスに最高の性能を求める消費者は大画面を好んでいます。Sペンは、Galaxy製品の性能にとって重要な機能であり、生産性と創造性のカギとなっています。

※1 「Galaxy S23 Ultra」「Galaxy Z Fold5」

※2 「Galaxy Tab S9」「Galaxy Tab S9+」「Galaxy Tab S9 Ultra」
「Galaxy Tab S9 FE」「Galaxy Tab S9 FE+」

※3 「Galaxy Book3 360」「Galaxy Book3 Pro 360」 (日本では販売しておりません)


進行Joanna Liang氏:

 今年だけで9種類の製品(を発売)とは、すごいですね。 このうちタブレットが5種類という点が興味深いです。どうして今年はSペンが搭載されたタブレットを5台も発売することになったのでしょうか?

→Writing Solutions Lab Choonghyun Nam氏:

 そうですね。私たちは、今年Sペンを搭載した5つのタブレットを発表しました。まずは、これらのタブレットがどのようなものかをご紹介いたします。

 今年7月(Global Unpackedで)、フラッグシップタブレットである「Galaxy Tab S9」シリーズを発表しました。「Galaxy Tab S9」は、Galaxyのタブレットで最もプレミアムな体験を提供しています。このシリーズには、11インチ、12.4インチ、14.6インチの3種類のサイズがあり、より鮮明な色彩を実現する優れたディスプレイと、より高速で反応性の高いSペンを搭載しています。そして、「Galaxy Tab S9」「Galaxy Tab S9+」「Galaxy Tab S9 Ultra」全モデルに、Dynamic AMOLED (有機EL)とGalaxy Tab史上最速のプロセッサーSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxyを搭載することにより、ダイナミックな視聴体験とエンターテイメント体験をお約束しています。また、ビジョンブースターと20%拡大されたAKGクアッドスピーカーは、没入感のあるポータブルなエンターテインメント体験を提供。本体・Sペンともに、Galaxy Tab S史上初のIP68防水防塵に対応し、屋内外を問わず、ユーザーはいつでもどこでも安心してご使用いただけます。さらに、先月発売されたばかりの「Galaxy Tab S9 FE」シリーズは若年層をターゲットし、Sペンやビジョンブースターといった「Galaxy Tab S」シリーズ同様の機能を提供し、新たにミントやラベンダーのカラーを追加しています。

 ではなぜ、この5モデルすべてに付属品としてSペンを同梱したのか、その背景を説明いたします。

昨今、タブレットはユーザーの生活に付加価値を与えるパーソナル・デバイスであり、タブレットの使い方は、電話やノートパソコンとは一線を画しています。私たちは、データ分析、複数の調査やインタビューを通じて、ユーザーがGalaxyのタブレットをどのように使っているのか、何のために使用しているのかを分析しました。長年にわたる社内のデータ分析によると、特に大画面のデバイスでは、ノートのような文書作成は、当社のフラッグシップタブレットでインターネット閲覧やメディア視聴に次いで世界で3番目に使用されている機能です。これは、当社のタブレットが生産性向上のために使用されていることを理解する上で、非常に有意義な情報でした。また、デジタル筆記の人気も高まっています。デジタル筆記の需要も着実に増えていますし、若い世代は自分を表現するのが好きです。

 Galaxyのタブレットは、紙の上でのペン使いからデジタルへと、ユーザーが簡単に適応できる環境を提供しており、指先でのタッチはすべてSペンに置き換えることができ、さらにアプリはペンを持つユーザー向けに最適化されています。例えば、テキスト入力のためにキーボードを打つ必要はなく、S Pen to textが手書きの文字を変換してくれます。また、従来のカレンダーのように、Sペンでメモを取ることも可能です。

 結論として、私たちは大画面デバイスにおける顧客のニーズは、生産性と創造性であると認識いたしました。それらを実現するためには、Sペンが必要です。だからこそ、今年発売された5つのタブレットすべてにSペンを付属品として、搭載することを戦略的に決定しました。


進行Joanna Liang氏:

最新フラグシップタブレット「Galaxy Tab S9」シリーズに搭載された新技術について教えてください。

→製品企画 Juwan Park


 先ほど「Galaxy Tab S9」シリーズの紹介で述べたように、今年、私たちは「Galaxy Tab S9」シリーズを初の防水・防塵のフラッグシップタブレットにいたしました。Sペンも防水・防塵です。この技術は、スマートフォンではすでに応用されていましたが、タブレットでは初めてのことで、ユーザーはいつでもどこでもタブレットを楽しむことができます。SペンはEMR(ワコムが特許を取得した電磁誘導方式)を搭載したあらゆるGalaxyデバイスで動作が可能です。Sペン搭載のスマートフォン・タブレット・ノートパソコンですぐに使用することができ、1つのデバイスに1つのペンを接続して筆記や描画に使用する必要はありません。また、「Wacom Feel」テクノロジー搭載のペンも使用可能です。私たちは、ユーザーの皆様により良いペン技術を提供するために、これからも研究開発に力を注いでいきます。


進行Joanna Liang氏:

最後に、当社とSペンの協力の方向性について教えてください。

→技術戦略 Asher Choi氏:

 Sペンは、サムスンのモバイル大画面体験における重要な差別化要因です。当社では、Sペンの生産性向上ツールとしての意義はこれまで以上に高まっています。昨年、私たちは「コネクテッド・インク2022」でSペンの技術を搭載した7つのデバイスを発表しましたが、今年は9つのデバイスに拡大いたしました。私たちは、ワコムとの13年にわたるパートナーシップを通じて、サムスンのモバイルデバイス全体でSペンの体験を理解し、評価し、拡大することができました。このパートナーシップは、技術に根ざしたものから始まり、共に多くのイノベーションを成し遂げる中で、相互の信頼は確信へと変わっていきました。ワコムとともに、私たちはGalaxy Sペンの体験に革新をもたらすことを追求し続けます。


本イベントの様子はYouTube( https://www.youtube.com/@ConnectedInk )にて11月下旬頃よりご覧いただける予定です。


■製品詳細について

「Galaxy Tab S9」詳細

https://www.samsung.com/jp/tablets/galaxy-tab-s/galaxy-tab-s9-ultra-wi-fi-graphite-512gb-sm-x910nzaexjp/

「Galaxy Tab S9+」詳細

https://www.samsung.com/jp/tablets/galaxy-tab-s/galaxy-tab-s9-ultra-wi-fi-graphite-512gb-sm-x910nzaexjp/

「Galaxy Tab S9 Ultra」詳細

https://www.samsung.com/jp/tablets/galaxy-tab-s/galaxy-tab-s9-ultra-wi-fi-graphite-512gb-sm-x910nzaexjp/

「Galaxy Tab S9 FE」詳細

https://www.samsung.com/jp/tablets/galaxy-tab-s/galaxy-tab-s9-fe-wifi-gray-128gb-sm-x510nzaaxjp

「Galaxy Tab S9 FE+」詳細

https://www.samsung.com/jp/tablets/galaxy-tab-s/galaxy-tab-s9-fe-wifi-gray-128gb-sm-x510nzaaxjp

「S Pen」シリーズ詳細

https://www.samsung.com/jp/search/?searchvalue=Spen


●「Galaxy」はSamsung Electronics Co., Ltdの商標または登録商標です。

●その他、記載されている会社名、商品名、サービス名称等は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
モバイル端末
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

サムスン電子ジャパン株式会社

55フォロワー

RSS
URL
-
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
電話番号
-
代表者名
-
上場
未上場
資本金
-
設立
2008年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード