汎用CAD「TurboCAD v26シリーズ日本語版」販売開始

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、汎用CADアプリケーション「TurboCAD v26シリーズ日本語版」(開発元:米国IMSI Design,LLC.、以下IMSI)を2020年4月16日より販売開始します。

■ エディション名を一新。シリーズ全てのエディションでリボンインターフェースに対応。
世界30カ国以上、約25年間もの間、機械・建築・土木など、さまざまな設計・製図の現場で愛用されてきたTurboCADシリーズがバージョンアップします。今回は米国版に合わせエディション名を一新し、全てのエディションにおいて、リボンインターフェースに対応しました。

 


エントリーユーザーからプロフェッショナルまで多くのユーザーに親しまれ、高いコストパフォーマンスを誇る2次元製図用CADの「TurboCAD DESIGNER」では、新しく重複削除、図形要素によるトリム、類似構築機能が追加され、より柔軟な図面作成作業が可能になりました。また、.DWG、.DXF、.PDFを含む20を超える業界標準のCADおよびグラフィックファイル形式をサポートします。
上位版である2D/3D CADの「TurboCAD DELUXE」では、充実した2D機能に加え、基本3Dモデリング機能、3Dブーリアン演算機能、3D組立機能を搭載しています。LightWorks9.3によるレンダリング機能を利用することで、幅広い用途での使用が可能になりました。
最上位版の「TurboCAD PLATINUM」では、ACISソリッドモデリングによる多彩な3Dモデリング・編集機能を搭載しています。LightWorks9.3によるフォトリアリスティックレンダリング機能が復活し、新たに搭載された点群データ機能、PDFツール機能を使用することで大幅な作業効率化が可能になりました。また、.DWG、.DXF、.PDF、.IGS、.STEP、.SAT、.STLを含む40を超える多彩なファイル形式をサポートします。
長年にわたって設計業務の効率化を提案してきたキヤノンITSでは、CADのみならず3Dソリューションを核にPDM/PLM、xR※におよぶさまざまな製品とサービスを提供しています。その中でも「TurboCADシリーズ」は、これからCADに触れる学生の方々からさまざまな業種の企業ユーザーまで、多くの分野で活用されています。ユーザーから寄せられるバージョンアップへの期待も高く、今回の新製品であるv26については初年度で2,000本の販売を見込んでいます。
キヤノンITSが国内総販売代理店として「TurboCADシリーズ」の提供を始めて25年、これからも優れた製品・技術・サービスによるお客様のモノづくり支援の実現に向け、開発元のIMSIとともにより魅力ある製品作りを目指していきます。

※ xRはVR/AR/MRの総称です。

■ 価格
 


■ 動作環境




■ 製品同梱物
プログラムメディア(DVD-ROM)
インストールガイド

※ 「TurboCAD v26」は米国版「TurboCAD 2019」を日本語化したものです。
※ 「TurboCAD」は米国IMSI Design, LLC.の登録商標です。
※  MicrosoftおよびWindowsは、米国Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における商標または登録商標です。
※  その他の記載されている会社名および商品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。

● 報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

● 一般の方のお問い合わせ先
エンジニアリングソリューション事業部 3DS技術一部
03-6701-3449(直通)



 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンITソリューションズ株式会社 >
  3. 汎用CAD「TurboCAD v26シリーズ日本語版」販売開始