プロジェクト管理freee、国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスに贈られるASPIC IoT・AI・クラウドアワードで「ASPIC会長賞」受賞

 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、作業工数の入力が素早く簡単に行え、プロジェクトの収支管理ができるサービス「プロジェクト管理freee」が、日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスに対し賞が贈られるASPIC IoT・AI・クラウドアワードで基幹業務系ASP・SaaS部門「ASPIC会長賞」を受賞したことをお知らせします。

ASPIC表彰式にてASPIC表彰式にて

 


■プロジェクト管理freeeとは

主にプロジェクト型ビジネス(※1)を行う企業に向けた、プロジェクト毎の工数管理・経費管理を簡素化し、リアルタイムでプロジェクト毎の収支管理を可能とするサービスです。今年4月20日に提供開始、プロジェクト型ビジネス向けに作業工数の入力が素早く簡単に行え、プロジェクトの収支管理ができるサービスとしてご利用いただいています。

プロジェクト管理freee:
https://www.freee.co.jp/project-management/

※1:顧客から特定の案件などを請け負い、社内やパートナー企業の人材を割り当て、受注した案件を遂行していくビジネス。システム受託開発やコンサルティング業など。

■ASPIC アワードの主旨(公式サイトより)
ASPIC IoT・AI・クラウドアワードは日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスに対し、総務大臣賞(予定)、各部門総合グランプリ、他各賞の表彰を行います。これにより、クラウド事業者及びユーザ企業の事業拡大を支援し、クラウドサービスが社会情報基盤として発展・確立することの一助になることを目的としています。

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020」:https://www.aspicjapan.org/event/award/14/index.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. プロジェクト管理freee、国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスに贈られるASPIC IoT・AI・クラウドアワードで「ASPIC会長賞」受賞