レオパレスホテルズ 札幌・仙台・名古屋・博多の全国4拠点にレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を導入

~AIを本格活用し、適正価格での客室提供を実現~

株式会社レオパレス21(東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)は、この度、メトロエンジン株式会社(東京都港区、代表取締役CEO:田中良介)が提供するレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を、札幌・仙台・名古屋・博多の4拠点で展開するレオパレスホテルズに導入します。

これまでの宿泊価格設定は、人的な経験や勘による値付けが主のため、周辺施設などの情報や価値を客観的な基準で判断することが難しく、地域や時期によっても価格にばらつきが生じていました。
「メトロエンジン」は、宿泊客の「予約行動」に関わるビッグデータ(競合宿泊施設の客室単価、レビュー、部屋の写真、民泊の物件情報等)を毎日収集し、リアルタイム・データに基づき、AIを用いた徹底的な分析および客室単価の算出を行います。さらに、算出された客室単価が適正か否かを機械学習により繰り返し検証させることで、収益の最大化を実現するとともに、お客様に最適な価格でお部屋を提供することが可能となります。その結果、客室稼働率の向上と、現場スタッフの勤務時間の削減にも寄与します。加えて、同ツールの人工知能を活用したレピュテーション管理機能を導入し、お客様の声を素早く運営に取り込むことで、より一層のサービス向上に繋がります。

 レオパレスホテルズは、「メトロエンジン」の導入により適正な価格で客室をお客様にご提供するとともに、お客様の声を運営に取り組みながら、これまでに培った現場担当者の経験も同時に活かすことで、より質の高いサービスの提供と顧客満足度の向上を目指してまいります。

「メトロエンジン」について
宿泊客の「予約行動」に関わるビッグデータ(競合宿泊施設の客室単価、レビュー、部屋の写真、民泊の物件情報等)を毎日収集し、リアルタイム・データに基づき、人工知能を用いた徹底的な分析および客室単価の算出を行う。更に、算出された客室単価が適正か否かを機械学習により繰り返し検証させることで、収益の最大化を実現するレベニューマネジメントツール。
URL:https://metroengines.jp/

メトロエンジン株式会社について
創業: 2016年10月
本社所在地: 東京都港区芝3-12-1 いちご芝公園ビル6階
代表者名: 田中 良介
URL: https://info.metroengines.jp/
事業内容: 宿泊施設向けWEBサービスの開発及び運用業務

株式会社レオパレス21について
レオパレス21は、1973年の設立以来、「新しい価値の創造」を企業理念に掲げ、アパートの賃貸事業と開発事業をコア事業として展開しています。賃貸事業では、個人のお客様だけでなく、法人のニーズにも対応し、国内上場企業のうち、約8割の企業にご利用いただいております(延べ利用実績)。この他にも、シルバー事業、ホテル・リゾート事業など、お客様の満足度を高める事業を多角的に展開しています。
また当社では「攻めのIT経営銘柄」(戦略的IT利活用の促進)、「プラチナくるみん」(子育てサポート)、「ホワイト500」(健康経営)、「イクボス同盟」(人材教育)、「テレワーク先駆者百選」(働き方改革)などの認定を取得し、中長期の企業価値向上に向けた取り組みを積極的に推進しています。



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レオパレス21 >
  3. レオパレスホテルズ 札幌・仙台・名古屋・博多の全国4拠点にレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を導入