JAL・ジャルパック・アドウェイズ、サウナを通じた地域の魅力発信を目指し、ウェブメディア「日本全国 ご当地サウナ委員会」をリリース

▶サウナにまつわる各地域の「ユニーク」な情報を発信し、新たなアプローチで地域資源を発掘
▶第1弾として十勝帯広エリアのコンテンツを公開し、順次、日本全国に拡大
▶JALサ旅ダイナミックパッケージなどのツアーにも連動しており、記事閲覧後、すぐにサ旅の予約が可能
▶今後は地方自治体や他企業も参画できるプラットフォームとしての機能も展開予定
 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)と株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江利川 宗光、以下「ジャルパック」)、株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、社長:山田翔、以下「アドウェイズ」)の3社は、サウナを起点に地域の新たな魅力を発掘・開拓を目指して、共創を開始しました。また、各地の魅力発信の拠点として、サウナに関連する「人」・「食」・「土地」に焦点を当てた新たなウェブメディア「日本全国 ご当地サウナ委員会」を共同でリリースしました。

「日本全国 ご当地サウナ委員会」サイト: https://travel.spot-app.jp/gotouchi-sauna/

 

 日本では2017年より空前のサウナブームとなり、全国には月1回以上サウナに入るサウナ愛好家(サウナー)が推計650万人以上いるとされています(*1)。JALでは、2019年より展開しているプロモーション企画「JALサ旅(サウナ旅)」にて「Saunner of the Year 2020」(*2)を受賞したほか、2021年にはジャルパックおよび全国のサウナ施設と提携した「JALサ旅ダイナミックパッケージ」(*3)を発売開始し、サウナツーリズムの促進に力を入れています。おでかけ体験型メディア「SPOT」(*4)を運営するアドウェイズでは、様々なサウナ関連コンテンツを配信してきたほか、サウナイベントへの協賛や「サウナ事業」の展開を検討するなど、サウナ関連の取り組みを加速させております。

 今般、JAL・ジャルパックが持つ、旅を支える力、地域とのつながりに加え、アドウェイズが持つおでかけ体験型メディア「SPOT」のコンテンツ制作力・発信力を掛け合わることで、日本各地の「そこだけにしかない」ユニークなサウナ体験(牧場サウナ、絶景サウナ、サウナ飯など)をサウナコミュニティのキーパーソンたちとともに取材し、周辺観光情報と合わせてご紹介します。
(*1)日本サウナ総研調べ(日本のサウナ実態調査2020) https://kyodonewsprwire.jp/release/202003037629
(*2)サウナ啓蒙に貢献した11名(人・企業)に贈られる賞 https://www.saunachelin.com/saunner-of-the-year-2020
(*3)JALサ旅ダイナミックパッケージ https://press.jal.co.jp/ja/release/202103/005990
(*4)おでかけ体験型メディア「SPOT」 https://travel.spot-app.jp/


【「日本全国 ご当地サウナ委員会」サイト 特徴】
1.ご当地サウナマップから気になる地域を選択

 

 トップページのご当地サウナマップから気になる地域を選択し、選んだ地域の記事コンテンツを閲覧することができます。“サウナのために旅行する方”に役立つ情報満載のコンテンツをお届けします。
 まず第1弾としてモール温泉の泉質を活かした「モーリュウ」や凍った湖や川を水風呂として利用する「アヴァント」で知られる、北海道十勝・帯広エリアの特集を公開しました。
順次、他地域のコンテンツも充実させていき、最終的には日本全国に拡大してまいります。



2.人、食、土地に焦点を当てた「サ旅したくなる」記事コンテンツ

 おでかけ体験型メディア「SPOT」は、Twitterフォロワー15万人を超える人気WEBライターのヨッピー氏が編集長を務めるメディアでもあり、そのコンテンツ制作力を活かし、他のメディアにはないユニークな切り口で読者にさまざまな記事をお届けします。
 サウナに興味のない方や、まだサ旅をしたことがない方にとっても興味の湧く記事内容となっており、その地域独自のアセットを掘り下げ、新たな魅力を発掘・開拓してまいります。


3.日本初、パッケージツアーと連動した新感覚サウナメディア

 各記事コンテンツはJAL・ジャルパックが展開するさまざまなパッケージツアーやダイナミックパッケージと連動し、記事コンテンツを閲覧したユーザーがすぐさまサ旅に出られるお手伝いをします。
 単独のツアー商品ではなく、恒常的なツアー商品と連動する形でのサウナメディアは日本では初めての取り組みとなり、日本におけるサウナツーリズムのさらなる促進を図ってまいります。

 「日本全国 ご当地サウナ委員会」は3社が協力する形で、サイトコンテンツの充実ならびに円滑な運営を図り、2025年までには月間アクティブユーザー30万人を目標に、共創してまいります。また、今後は各自治体や他企業も参画できる各種コンテンツ配信メニューも展開し、当メディアのさらなる充実を図ってまいります。


【本件に関する自治体・企業の皆さまのお問い合わせ先】
Email:admin@spot-app.jp TEL : 03‐5331‐6310(アドウェイズ広報直通)

 

 



■日本航空株式会社について https://www.jal.com/ja/
1951年8月に日本で初めての民間航空会社として設立されました。2021年3月時点で国際線79路線、国内線132路線へ運航し、世界63 ヵ国・地域および429空港に乗り入れています。「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」を目指し、日本の翼として、日本と世界の空をつなぎ続けてまいります。

W-PITについて:
本取り組みにおけるJALの主体は「W-PIT」のメンバーが担っている。「W-PIT」とは、Wakuwakuをキーコンセプトに、異業種共創を通じて新たな価値創造に挑戦するJAL公認の社内ベンチャーチーム。Wakuwaku-Platform Innovation Teamの略。2017 年に設立し、現在約150名の社員が集う。これまでに、ヤッホーブルーイングとの地域の魅力×クラフトビールをコンセプトとした日帰り旅『呑みにマイル』や、日本全国に旅するサウナーを応援する『JALサ旅』、北海道内の地元食材にこだわった空弁『絵になる空弁~函館からのお便り~』(*)、大学生・生産者による共創プログラム『青空留学』(**)などを企画。全社員が一丸となって地域の課題解決に取り組む「JALふるさとプロジェクト」(***)とも連携。
(*) 絵になる空弁:http://areanews.jal.co.jp/ja/attaches/pdf/CTS_210624.pdf
(**)  青空留学:https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/aozora_ryugaku
(***)  JALふるさとプロジェクト:https://japan.jal.co.jp/
 


■株式会社ジャルパックについて
ジャルパックは、1965年に日本航空が発売した日本初の海外旅行パッケージ商品ブランドです。1969年に前身である旅行開発株式会社が「ジャルパック(現社名)」の企画、販売、運営を受け継いで以来、JALグループの旅行会社として発展してまいりました。現在、ジャルパックは、国内および海外7の国と地域8都市に合わせて12の拠点を持ち、約800人の社員が全世界でお客さまの旅を支えています。

■株式会社アドウェイズについて https://www.adways.net/
2001年設立。2006年に東証マザーズ、2020年に東証一部に上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャルパック >
  3. JAL・ジャルパック・アドウェイズ、サウナを通じた地域の魅力発信を目指し、ウェブメディア「日本全国 ご当地サウナ委員会」をリリース