ニューノーマルに対応し、間取り変更の選択肢を拡充する「イエナカ+α」を開始

With・Afterコロナ時代の自由で豊かな東急線沿線の暮らし

当社は、自由で豊かな東急線沿線での暮らしを実現する取り組みの一環として、住宅の間取り変更の選択肢を拡充する「イエナカ+α」(以下、本企画)の提供を開始します。
少子高齢化や共働き世帯増加を背景としたワークスタイル・ライフスタイルの変化、さらに新型コロナウイルス感染症拡大の影響による外出自粛、テレワークの定着により、お客さまの住まいへのニーズは大きく変化しています。当社のハウジングクラブ会員の方に実施したアンケートでは、テレワークに関する悩みの1位は「集中ができるワークスペースが欲しい」、2位は「家の中でリラックスできる工夫が欲しい」となり、日常の変化では、半数近くの方から「運動不足になった」「買い置きが増えた」という意見があがりました。限られたマンションの専有面積の中で定型化された間取りを見直す必要性が高まっており、さらに今後もライフスタイルの変化は加速すると考えられます。本企画では、オリジナル性ある間取りの選択肢を増やし、家の中の余白や可変的な空間利用を提案することで将来的な変化にも対応できる、家の中における自由で豊かな暮らしの実現を目指します。

本企画は、これまでの標準的な間取りに手を加え、多様なニーズに応えたワークスペースや趣味・運動のための空間創出、収納スペースの拡充などを一部有償にて実施する、可変性のある企画提案です。従来、標準プランとは異なるスペースを追加する場合、物件購入後に間仕切り位置の変更などリフォームをする必要がありましたが、本企画を採用した新築マンションでは、多様なニーズに応えるスペースを想定した間取りをメニュープラン「無償セレクト」にてご提供する予定です。空間を高効率で使用できるよう、システムラックの取り付け(有償)を推奨し、居住後もお客様の必要に応じて、リフォーム工事をすることなくラックの追加やカスタムができるため、ライフスタイルの変化に合わせて空間の用途を容易に変更可能です。

2021年春から分譲マンションブランド「ドレッセ」にて、物件それぞれの特性に応じた本企画メニュープランを導入し、今後計画する戸建て分譲住宅ブランド「ノイエ」では、ご購入後に本企画への変更が可能なよう下地などの将来対応を行う予定です。また既存の住宅向けにも、当社が運営する「住まいと暮らしのコンシェルジュ」を窓口として、本企画で実現する多様なライフスタイルに合わせたリフォームや、東急グループの幅広い生活サービスを合わせたセットプランを提案していく予定です。当社は、今後もお客さまのライフスタイル、ニーズの変化に対応し、自由で豊かな東急線沿線での暮らしの実現に向け、取り組んでいきます。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. ニューノーマルに対応し、間取り変更の選択肢を拡充する「イエナカ+α」を開始