プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社宣伝会議
会社概要

【新刊書籍のご案内】『言葉からの自由 コピーライターの思考と視点』(三島邦彦著)

発売前に、Amazon広告・宣伝カテゴリーで1位に!

株式会社宣伝会議

広告・マーケティングの専門誌を発行する株式会社宣伝会議(本社:東京都港区)は、『言葉からの自由 コピーライターの思考と視点』(三島邦彦著)を全国の有力書店とオンライン書店で、4月1日に発売します。


本書について

著者:三島邦彦

発売:2024年4月1日

定価:2,200円(本体2,000円+税)

ISBN:978-4-88335-593-8 

※詳細・ご購入はこちらから 

 アマゾン https://amzn.to/3vBVy3e

 宣伝会議オンライン https://www.sendenkaigi.com/books/idea/detail.php?id=32416



発売前の予約段階で、Amazon 広告・宣伝カテゴリーで1位を獲得した本書。その著者は、コピーライター 三島邦彦氏。これまでにNetflix「人間まるだし。」「再生のはじまり」「上を見ろ、星がある。 下を見ろ、俺がいる。」、本田技研工業「「難問を愛そう。」、Honda F1ラストラン「じゃ、最後、行ってきます。」などのコピーを手がけ、2022年にはコピーの最高峰を選ぶ広告賞「TCC賞」で三冠に輝きました。


この本に書かれているのは、「コピーライター」という名刺を持った日から現在に至るまで、「コピーライティング」について三島氏が考え、実践してきた数々の「思考のかけら」です。

ビジネス書の領域では近年、コピーライターやクリエイティブディレクターが書き手として注目され、さまざまな著書が世に送り出されていますが、本書のようにここまで真摯に、真正面から「コピーライティング」に向き合った書籍は他に類を見ません。


商品のキャッチフレーズ、CMのナレーション、ブランドステートメント、ネーミング、店頭ツール、Web広告、さらにはミッション・ビジョン・パーパスや経営者のスピーチなど、広告コミュニケーションの領域の広がりと共に、コピーライターが任される領域やその役割も広がりつつあります。

そんな中、三島氏は「コピーとは、誰かのためにコピーライターが書くものすべて」であり、それは「価値を感じる言葉」であると定義します。そして「言葉にできることはなんでもやるのがコピーライター」と、そのスタンスを明確に示しています。


そんなスタンスで書かれた本書は、「言葉を考える」「言葉を読む」「言葉を書く」「そして、言葉を考える」という4つの章から構成されています。これらについて、三島氏は日頃考えていることを惜しみなく書き綴りました。しかし、そこに書かれているのは、コピーライティングの作法でも手法でもありません。さらに言うならば、書き方の技術でもありません。コピーライターとして16年のキャリアを積んだ現在の三島氏ならではのフォーム、そして言葉に向かうときの心構えです。


本文より

書くことは、思い出すことに似ている。

書くことは、思い出すことから始まる。


考え出すというよりは、大事なことを思い出すという感覚。いつかどこかで考えたことが、今目の前に文字として

現れること。新しい何かを付けくわえるではなく、埋もれてていたものを掘り起こすこと。そこにきっとコピーはある。



これからコピーライターを目指す人、コピーライターになりたての人はもちろん、言葉を考えることが好きな人、言葉に悩みを抱える人……。そんな人たちにとって、本書は言葉とあらためて向き合う機会になると共に、言葉を仕事にしていくことへのエールをもらえる機会になるのではないでしょうか。


  • 目次

はじめに


第1章 言葉を考える

コピーとはなんだろう

コピーライターとはなんだろう


第2章 言葉を書く

書くということ

キーワードを書く

キャッチフレーズを書く

ステートメントを書く


第3章 言葉を読む

読む修業

事例を読む


第4章 そして言葉を考える


おわりに


  • プロフィール

みしま・くにひこ 

コピーライター 1985年生まれ、長崎県長崎市出身。
主な仕事にNetflix「人間まるだし。」「再生のはじまり」「上を見ろ、星がある。 下を見ろ、俺がいる。」「いいものつくろう。」、本田技研工業「Hondaハート」「きょう、だれかを、うれしくできた?」「難問を愛そう。」、Honda F1ラストラン「じゃ、最後、行ってきます。」、三井住友カード・Vポイント「上手な生き方、とかじゃなく、みんなが幸せになれるといいのに。」などACC総務大臣賞/グランプリ、小田桐昭賞、TCC賞、TCC審査委員長賞、TCC新人賞、ONESHOW Gold、CLIO Gold、ADFEST Gold、広告電通賞グランプリ、朝日広告賞グランプリ。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社宣伝会議

55フォロワー

RSS
URL
https://sendenkaigi.co.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル9階
電話番号
03-3475-3010
代表者名
東 彦弥
上場
未上場
資本金
5億円
設立
1954年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード