起業家表彰「Japan Venture Awards 2020」本日、経済産業大臣賞・科学技術政策担当大臣賞など受賞者発表!

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、理事長:豊永厚志、所在地:東京都港区)は、本日、起業家表彰「Japan Venture Awards(略称:JVA)2020」の表彰式(虎ノ門ヒルズフォーラム5階)において、経済産業大臣賞や科学技術政策担当大臣賞など受賞者11名を発表しました。

■経済産業大臣賞にVarinos(株)代表取締役 桜庭喜行氏
経済産業大臣賞には、Varinos株式会社代表取締役の桜庭喜行氏が選ばれました。桜庭氏は、不妊治療の革新が期待される「子宮内フローラ検査」を世界で初めて実用化させた経営者としての手腕や、同氏の臨床検査サービスがゲノム医療の遅れている日本における遺伝子検査の普及と国内にとどまらない大きな成長が期待される点が高く評価されました。

■科学技術政策担当大臣賞に(株)アストロスケールホールディングス創業者兼CEO 岡田光信氏
科学技術政策担当大臣賞には、株式会社アストロスケールホールディングス創業者兼CEOの岡田光信氏が選ばれました。「世界一厄介な課題」と言われているスペースデブリ(宇宙ごみ)問題の解決にビジネスからアプローチするユニークかつ革新的な発想とその実現に向けて戦略的に取り組んでいる姿勢が高く評価されました。

その他、中小企業庁長官賞2名、中小機構理事長賞2名、JVA審査委員会特別賞2名、ベンチャーキャピタリスト奨励賞2名、創業5年以内の将来更なる活躍が期待される経営者に贈られるJVCA特別奨励賞1名の表彰も併せて行いました。

また、これまで中小機構のベンチャー支援事業の推進に貢献していただいた3名の方に功労感謝状を贈呈しました。

JVA2020受賞者及び功労感謝状贈呈者一覧は以下のとおりです。
https://prtimes.jp/a/?f=d21609-20200225-7938.pdf

JVA2020の詳細は、以下ウェブサイトをご覧ください。
URL: https://j-venture.smrj.go.jp/

<Japan Venture Awards(JVA)とは>
本表彰は、創業概ね15年以内で、高い志を持ちリスクを恐れず挑戦する優れた起業家を対象に、創業の優良モデルとして発掘・表彰する制度です。新事業創出や市場開拓に果敢に挑む優れた起業家を発掘し、ロールモデルとして広く社会に周知を図るとともに、次世代を牽引する経営者の育成を図ることを目的としています。

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、全国の中小企業・小規模事業者への支援をトータルで行う経済産業省所管の独立行政法人です。生産性向上や事業承継など様々な課題を抱える中小企業に対して、創業、販路開拓、海外展開、人材育成、事業引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供及び震災復興支援や共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中小機構 >
  3. 起業家表彰「Japan Venture Awards 2020」本日、経済産業大臣賞・科学技術政策担当大臣賞など受賞者発表!