企業のデータ活用基盤の構築をSnowflakeで身近に!

~Snowflakeを用いたDX支援「データ活用プラットフォームソリューション」を開始~

株式会社インテージテクノスフィア(本社:東京都西東京市、代表取締役:饗庭 忍)は、Snowflake株式会社(本社:東京都渋谷区、社長執行役員:東條 英俊)のデータクラウド「Snowflake」を用い、データ分析の基盤を構築できる「データ活用プラットフォームソリューション」の提供を開始します。

Snowflakeは、企業のデータをスマートに格納し、活用しやすくするクラウド型データプラットフォームです。組織の縦割り構造などによってサイロ化(孤立化)しているデータを一元的に管理。高速化された分析により、誰もがデータにアクセスして意思決定できるなど、データ活用のための基盤づくりを実現します。

インテージテクノスフィアは自社の主要事業のコアエンジンにSnowflakeを採用した実績があり、豊富な技術や知見、ノウハウを有しています。それらを最大限に生かし、Snowflakeにおけるデータ分析基盤全体の構築、概念実証(PoC。Proof of Concept)の実施、導入、運用保守、既存データウェアハウスからの移行などを支援、また活用に向けて提案。コストを抑えつつ、高いパフォーマンスのデータ分析基盤を構築したい企業に最適なソリューションの提供を開始します。
 



【本件のお問い合わせ先】
株式会社インテージテクノスフィア

広報担当:経営企画部 土井・池田
Eメール:pr-itsp@intage.com
サービス担当:AI・DX推進部 新(しん)
Eメール:dx-info@intage.com



--------------------------------------------------------------
「データ活用プラットフォームソリューション」について
--------------------------------------------------------------

CTO・情報システム統括者を悩ます課題の解決へ
  1. Snowflakeアジアパシフィック地域トップクラス & 日本No.1(※)の利用実績・知見を踏まえた導入コンサルティング
  2. データを他者と容易に共有できる。Snowflake上で他社が管理するデータのシェアも可能(データシェアリング)
  3. 他クラウド製品と柔軟に連携が可能。クラウド間をまたいでデータを連携し、既存のシステム環境を有効に活用(マルチクラウド。AWS、GCP、Azure)
  4. ビッグデータに対応した大規模並列による高速処理が可能
  5. データウェアハウス運用者は基本的に不要。Snowflakeがすべてのチューニングを自動で判断するため、データベース運用者(DBA)はより上位のタスクに集中できる(ニアゼロマネジメント)
  6. データメンテナンスに費やす時間を最小限に抑制(ニアゼロメンテナンス。タイムトラベル機能、ゼロコピークローン機能)
  7. ストレージ容量の制限なし。自動でスケールアップ&スケールアウトが可能(ニアアンリミテッドキャパシティ)
  8. 自動的にデータウェアハウスをこまめに起動・停止。ピーク・ボトムに不要なコストを費やさず、運用コストを削減。(自動レジューム・サスペンド機能)
※2021年12月1日現在

経営者に貢献するポイント
  1. データに基づく、より正確で迅速な意思決定の支援
  2. 増大するデータ管理のコストを削減
  3. データによる優れた顧客体験の提供による商機の拡大

「データ活用プラットフォームソリューション」誕生の背景
アジア最大級のマーケティングリサーチ企業であるインテージグループ全体のITを支えるインテージテクノスフィアは、自社のリサーチシステムのコアエンジンにSnowflakeを採用。本年から新システムに移行し、円滑にサービスを運用しています。
Snowflakeをさまざまなデータウェアハウスと比較した結果、下記のような特徴から、膨大なマーケティングデータを高速に処理・分析するプラットフォームとして最適であると判断しました。
  • 2~5倍の性能向上が見込める
  • インフラコストを2/3以下に抑えられる
  • システム管理工数を大幅に削減できる
  • 既存クラウドとのシームレスに接続できる

「データ活用プラットフォームソリューション」紹介サイト
https://www.intage-technosphere.co.jp/solution/services/data-utilization-platform-solution/


Snowflake株式会社について
Snowflakeは、Snowflakeのデータクラウドを用い、あらゆる組織が自らのデータを活用できるようにします。お客様には、データクラウドを利用してサイロ化されたデータを統合し、データを発見してセキュアに共有し、多様な分析ワークロードを実行していただけます。データやユーザーがどこに存在するかに関係なく、Snowflakeは複数のクラウドと地域にまたがり単一のデータ体験を提供します。多くの業界から何千ものお客様(2021年10月31月時点で、2021年Fortune 500社のうちの223社を含む)が、Snowflakeデータクラウドを自社のビジネスの向上のために活用しています。詳しくは、snowflake.com をご覧ください。

【株式会社インテージテクノスフィア】
インテージテクノスフィアは、マーケティングリサーチ業界を牽引するインテージグループにおいてIT事業を担う会社であり、「データに魂を吹き込み、世の中を感動させる Intelligence Integrity Impression」をビジョンとして掲げています。
AI(人工知能)のビジネス適用、ソフトウェア開発・販売、データベースやデータウェアハウス(DWH)の構築支援、各種システム構築・運用による業務プロセスの改善支援、データセンター運用・保守サービスなどを展開し、お客さま企業のデータ活用やDX化を支えています。
詳しくは https://www.intage-technosphere.co.jp/ をご覧ください。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インテージホールディングス >
  3. 企業のデータ活用基盤の構築をSnowflakeで身近に!