<小沢健二>と伊勢丹<TOKYO解放区>がタッグを組み、絵本“アイスクリームが溶けてしまう前に”の世界を再現した期間限定ショップを開催!

「アイスクリームが溶けてしまう前に ~小沢健二と日本恐怖学会のTOKYO解放区~」10月18日(水)~10月31日(火) 伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区

年々にぎわいを見せる<ハロウィーン>は、もはや日本でも定番のシーズンイベント。
本場アメリカでは、毎年手作りの衣装を着て、家族で過ごすかけがえのない時間として楽しまれています。
そんな<ハロウィーン>の過ごし方を描いた、小沢健二と<日本恐怖学会>作の絵本(学芸員 ダイスケ・ホンゴリアン描きおろしの絵の数々!)、<アイスクリームが溶けてしまう前に>をもとに、<ハロウィーン>をもっと身近に、もっと愉快に楽しんでいただくための、スペシャルなコラボレーション空間が実現!
絵本の中にも登場する手作りの衣装を展示するほか、イベント限定アイテムを多数販売します。

小沢健二小沢健二

  • 小沢健二
ミュージシャン、作文家。音楽作品『ラブリー』『ぼくらが旅に出る理由』『今夜はブギーバック』『強い気持ち・強い愛』『さよならなんて云えないよ』『流動体について』など。
作文作品『ドゥワッチャライク』『うさぎ! 』『赤い山から銀貨が出てくる』など。米国と日本に在住。
1968年生。
 
  • 日米恐怖学会
ハイ・スタンダードを始めPizza of Deathレコードの装幀で知られるイラストレーター・ダイスケ・ホンゴリアンとミュージシャン・小沢健二、写真家・エリザベス・コール、ファッションディレクター・白山春久という4人の人間、そして不明数の怪物たちで構成される団体。楽しい恐怖、心踊る恐怖を提唱し、嫌になっちゃうような恐怖、お先真っ暗な恐怖に対抗する。『アイスクリームが溶けてしまう前に』では、気鋭の恐怖写真家・守本勝英の協力を得た。

詳しくは、第二弾リリースを10月初旬に配信予定!
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス >
  3. <小沢健二>と伊勢丹<TOKYO解放区>がタッグを組み、絵本“アイスクリームが溶けてしまう前に”の世界を再現した期間限定ショップを開催!