【オンラインセミナー開催のお知らせ】競争力あるモノづくりのための mcframe PLMセミナー

パート③ ~「設計」から「生産管理」のあり方を変える!~

mcframe PLMは、BOMシステムの基本要件をパッケージ機能とするだけでなく、設計/生産の双方向連携によるQCD(品質、価格、納期)の作り込みを可能とし、製品開発から生産までの効率化/標準化、原価低減を支援する製品情報管理システムです。
今年の4~6月にかけて、お客様の抱える課題の中でも、「情報一元化」、「コストダウン」、「設計部品表登録の効率化」、「部品標準化」の4点にフォーカスし、いかに解決するかをオンラインセミナーでご紹介しました。今回のパート③では、~「設計」から「生産管理」のあり方を変える!~ と題し、「製造部品表作成の効率化」および「設計変更管理」という課題について、デモを交えて解決策をご紹介します。

◆課題1.製造部品表作成の効率化
設計から製造へのシステム間の連携を手作業で行っていると、情報の抜け漏れも発生する可能性があります。また、複数工場向けに製造部品表を作成する際、その作業は複雑になりがちです。

◇解決策キーワード
・設計/製造情報の一元管理
~設計部品表(E-BOM)、製造部品表(M-BOM)、工程表(BOP)~
・生産準備業務の効率化

◆課題2.設計変更管理
設計変更内容のBOMへの反映が手作業で行われている場合、手間を要するのはもちろん、ミスも避けられず、製造段階での手戻りや不具合にも発展しかねません。

 ◇解決策キーワード
・設計変更の影響範囲を簡単に確認
・E-BOM、M-BOM、BOPへ変更内容を一括反映
・変更内容を超軽量3Dで見える化し全社レビュー

■開催概要
【日時】 2020年7月21日(火) AM 10:30~11:00 、PM 13:30~14:00 (AMとPMは同じ内容です)
【会場】 オンライン (全国どこからでも参加可能です)
【定員】 なし
【参加費】無料 (事前登録制)
【お申込み】
以下のサイトよりお申し込みください。
競争力あるモノづくりのための mcframe PLM セミナー
パート③ ~「設計」から「生産管理」のあり方を変える!~
https://reg.canon-its.co.jp/public/seminar/view/2802/?utm_source=PRT&utm_medium=referral&utm_campaign=PRT0706
※ 同業他社様からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
※ 内容および時間帯は、変更となる場合がございますので予めご了承ください。

<キヤノンITソリューションズの提供するエンジニアリングソリューション>
ものづくり企業としての生い立ちを活かし、長年の研究開発で培った先端技術を強みに、お客さまのニーズにワンストップに対応できる最適なソリューションを提供しています。業務に役立つ多様な商品群や最新のITスキルを駆使した付加価値サービスとともに、お客さまのビジネスと社会の発展に貢献できるエンジニアリング事業の拡大を推進してきます。


● 報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

● 一般の方のお問い合わせ先
エンジニアリングソリューション事業部 セミナー事務局
03-6701-3449(直通)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンITソリューションズ株式会社 >
  3. 【オンラインセミナー開催のお知らせ】競争力あるモノづくりのための mcframe PLMセミナー