BEAMSがバーチャルマーケットに5度目の出店 -- 大名古屋展、学芸大青春、カインズとのコラボやアバター用ファッションの販売

12月3日(土)より開催の「バーチャルマーケット2022 Winter」のBEAMSメタバース店で約40名の社員がバーチャル接客、原宿店にバーチャル体験会場も

株式会社ビームス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:設楽洋、以下BEAMS)は、xR領域において業務提携を結ぶ株式会社HIKKY(本社:東京都渋谷区、代表取締役:舟越靖、以下HIKKY)が2022年12月3日(土)から18日(日)まで開催する世界最大*のVRイベント「バーチャルマーケット 2022 Winter」に、5度目となるバーチャルショップを出店します。(*バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数として2021年にギネス世界記録™に認定)

バーチャルマーケット2022 Winter パラリアル名古屋に登場するBEAMSバーチャルショップ(開発中の画像です)バーチャルマーケット2022 Winter パラリアル名古屋に登場するBEAMSバーチャルショップ(開発中の画像です)

名古屋の街並みをイメージした「パラリアル名古屋」に現れるBEAMSバーチャルショップでは、名古屋グランパス・クロスプラス・中日新聞が、名古屋・愛知の知られざる魅力を発信するBEAMSの人気企画「大名古屋展2022」と共にバーチャル初登場します。メタバースと現実世界を行き来するダンスボーカルグループ「学芸大青春」とのコラボスペースでは、メンバーがファンと交流するミート&グリートを開催予定です。ホームセンター「カインズ」とのコラボレーションフロアではサンタ気分でチャレンジする模様替えゲームをお楽しみいただけます。このほか、ホリデーシーズンの装いを楽しむためのアバター用3D衣装として、全国のBEAMS店舗や公式オンラインショップでも販売中のスーツ・ワンピース・冬小物などを販売します。

今回は新たに、バーチャルショップのモデルとなったBEAMS HARAJUKU(東京都渋谷区)の店内にバーチャル接客拠点を設け、BEAMS社員約40名が交代でバーチャル接客にあたります。Herman MillerのチェアやLogicool Gのギアで仕上げたゲーミングライフスタイル空間を、日時限定でお客様にも開放し、メタバースをより身近に感じていただける機会を提供します。BEAMSバーチャルショップはVRChatで開催されるVR版に加え、スマホやPCのブラウザからもアクセス可能です。


・バーチャル接客:12月3日(土)及び5日(月)〜16日(金)までの平日の日中にランダムに接客スタッフが登場します。

・お客様バーチャル体験:BEAMS HARAJUKU 3階にて、お客様にもバーチャルショップをご体験いただけます。
 - 12月4日(日)13:00〜17:00
 - 12月5日(月)〜9日(金)、12日(月)~16日(金)11:00〜13:00、15:00〜17:00
 - 場所:BEAMS HARAJUKU 3階(東京都渋谷区神宮前3-24-7)

今回もBEAMSバーチャルショップのスタッフがTwitterアカウント @BeamsVket(https://twitter.com/BeamsVket)から連日発信します。またチャットサービス Discord の virtualbeams サーバー(https://discord.gg/XAcuET3M59)でもユーザーコミュニティとの交流の場を設けています。
  • アバター用3D衣装の新作はホリデー気分を高めるドレスアップスタイル
ホリデーシーズンに向けてバーチャルでもドレスアップを楽しむために、今回もアバター用の3D衣装を合計11型販売します。いずれも全国の店舗及び公式オンラインショップで販売中のリアル(実在)商品を3Dモデルに起こしたデジタルツイン商品で、オリジナルレーベルBEAMS FとDemi-Luxe BEAMSを中心に、正統派なスーツスタイル、シックなコート&ワンピーススタイル、さらにはバラクラバやアームウォーマーなど旬の冬小物やアクセサリーなども充実します。陳列された商品をクリックするだけでユーザーのアバターが商品を簡単に試着できる機能を実装し、ショッピングの楽しさを演出します。

今回の3D衣装は、人気アバター「水瀬」(mio3io)と「Grus」(久)の規格に合わせて制作しており、BEAMSバーチャルショップ1階ではそれぞれのアバターに着せてディスプレイします。前回に続き3Dモデリングは、アバター用衣装の制作を手掛けるSELECT SHOP -Cornet-(こるねっと)によるものです。

アバター用3D衣装は、クラシカルなスーツやシックなワンピースに加えトレンド感のある小物も充実アバター用3D衣装は、クラシカルなスーツやシックなワンピースに加えトレンド感のある小物も充実

 

 

BEAMSの商品を3Dに起こしたアバター用衣装を人気アバター「Grus」(久)と「水瀬」(mio3io)に合わせて制作BEAMSの商品を3Dに起こしたアバター用衣装を人気アバター「Grus」(久)と「水瀬」(mio3io)に合わせて制作

 
  • 名古屋の人気者がバーチャル初登場「大名古屋展2022」
今回のBEAMSバーチャルショップは名古屋の街並みをイメージしたワールド「パラリアル名古屋」内にあることから、名古屋・愛知の知られざる魅力を発信するBEAMSの人気企画「大名古屋展2022」のコーナーが店内1階に登場します。名古屋グランパス・クロスプラス・中日新聞の地元企業3社が参加し、グランパスくん・手前みそちゃん・ドアラの3キャラクターがそれぞれプリントされたコラボTシャツを販売します。実物大のグランパスくんと手前みそちゃんは、ユーザーが遊べる仕掛けも搭載。同ワールド内のバーチャル名古屋駅で配布される、中日新聞が初めて発行するバーチャル新聞もお見逃しなく。

BEAMSバーチャルショップの大名古屋展コーナーに並ぶ、地元企業の人気キャラクターたちBEAMSバーチャルショップの大名古屋展コーナーに並ぶ、地元企業の人気キャラクターたち

  • メタバースと現実世界を行き来するダンスボーカルグループ学芸大青春の部屋が出現
BEAMSバーチャルショップ1階には、メタバースと現実世界を行き来するダンスボーカルグループ「学芸大青春(ガクゲイダイジュネス)」のメンバーが共同生活をおくる自宅を再現した部屋が出現します。マンガートビームスとのコラボレーショングッズの、Tシャツ・パーカー・バッグ・キーホルダーなど全12種類の3Dモデルをバーチャルで手にとることができます。また、先行販売期間中に購入・応募した方の中から当選者のみが招待される「バーチャルお話し会」を開催し、この部屋でメンバーがファンと交流します。(※バーチャルお話し会の応募受付は終了しています)

学芸大青春のメンバーが現実世界で共同生活をおくる部屋がメタバースに出現学芸大青春のメンバーが現実世界で共同生活をおくる部屋がメタバースに出現

  • カインズがお届けする模様替えゲームでサンタチャレンジ
ショップ2階では、ホームセンター「カインズ」とのコラボレーションで、サンタになって子ども部屋を完成させる模様替えゲームをご用意します。時間内にチャレンジをクリアするとデジタル賞品がもらえ、さらにSNSキャンペーンに参加するとカインズの商品が当たるチャンスも。今月カインズで発売された、BEAMS DESIGNレーベルがプロデュースしたカインズ限定ペットウェア「Pet’s One by BEAMS DESIGN」を着た可愛いワンちゃんたちにもご注目ください。(SNSキャンペーンの詳細は、バーチャルショップ内のバナーかTwitterの「@cainz_official」よりご確認いただけます。)

BEAMSバーチャルショップ2階はカインズとのコラボレーションで、模様替えゲームを楽しめるBEAMSバーチャルショップ2階はカインズとのコラボレーションで、模様替えゲームを楽しめる

  • 屋上の氷のバーで、あちらのお客様からカクテルが
氷でできたルーフトップバーには、仲間たちと楽しく過ごすための仕掛けが満載です。目玉はバーカウンターの粋な仕掛けで、憧れの「あちらのお客様から」シチュエーションをお楽しみいただけます。12月4日(日)夜には、大人気VR漫画家・バーチャル探検家のリーチャ隊長(https://twitter.com/rietzscha)が来店予定!ぜひドレスアップしてお越しください。12月4日(日)18:00スタート予定。参加方法など詳細は @BeamsVket(https://twitter.com/BeamsVket)よりお知らせします。

BEAMSバーチャルショップ屋上のアイスバーで、憧れの「あちらのお客様から」シチュエーションが楽しめるBEAMSバーチャルショップ屋上のアイスバーで、憧れの「あちらのお客様から」シチュエーションが楽しめる

  • Vket Cloudでスマホやパソコンのブラウザからアクセス、マルチプレイやボイスチャットも可能(VR機材不要)
下記URLより、スマートフォンやPCのブラウザから直接BEAMSバーチャルショップにアクセスできます。VR版で実装している機能の多くを省略した簡易版でありながら、複数人数で同時に参加できるマルチプレイやボイスチャットも可能で、BEAMSバーチャルショップをお手軽に体験できます。オープンメタバースを提唱するHIKKYが開発したVket Cloudの技術で、VR機器やアプリを介さずに、誰もが簡単にバーチャル世界にアクセスできる環境を実現しています。
・URLhttps://winter2022.vketcloud.com/index.html?world_id=beams (12/3よりアクセス可能)

対応環境:
・スマートフォン
 - Apple iPhoneシリーズ:iPhone X以降 / iPhone SE(第1世代)以降 ※iPhone7やそれ以前のものには対応していません。
 - Android:Android 11.0以降 / RAM 8GB以上 / Google Pixelなら Pixel 5以降
・パソコン
 Chrome / Firefox / Safari / Edge等のWebブラウザが使用できるもの
  • バーチャルマーケット 2022 Winter 開催概要
名称: バーチャルマーケット 2022 Winter
主催: VR法人HIKKY
会期: 2022年12月3日(土)~ 12月18日(日)計16日間
公式サイト:https://winter2022.vket.com/
会場:
1. VR機器・PCから、VRChat内ワールド「Virtual Market 2022 Winter」へ
2. 一部、スマートフォンやPCのブラウザからURLクリックのみで入場できる会場もあります
※BEAMSバーチャルショップのブラウザ版会場はこちら(12/3よりアクセス可能) https://winter2022.vketcloud.com/index.html?world_id=beams

■ バーチャルマーケット(通称Vket)について
メタバース上にある会場で、アバターなどのさまざまな 3D アイテムや、リアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売り買いできる、世界最大の VRイベント。2018年より開催され、日本はもとより世界から100万人を超す来場者を誇り、ギネス世界記録™にも認定※された、メタバースの先駆け的イベントです。商品売買の他にも、会場内で乗り物に乗ったり、映画を見たり、音楽ライブに参加するなど、メタバースならではの”体験”も提供。さらに来場者間で音声によるコミュニケーションが可能で、現実世界で一緒に街を巡っているかのような臨場感が楽しめます。3Dデータ商品の個人間売買を目的に始まったバーチャルマーケットですが、近年ではメタバース事業に参入したい大手企業によりリアル商品の販売も充実し、VRコマースの新たな可能性を創出しています。(※バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数として)

■ 株式会社HIKKYについて
- クリエイティビティの価値が、幅広く認められる世の中を創り出す -
株式会社HIKKYは誰もが自由に創り、アクセスできるオープンなメタバースを実現するVR法人です。業界を牽引する注目のクリエイターをメンバーとし、「Vket Cloud」をはじめとする独自性の高いメタバースソリューションの提供、メタバースイベントの企画運用、VR/AR領域への事業参入をサポートするコンサルティングサービスを主業とします。バーチャル世界の生活圏・経済圏・文化圏を発展させ、クリエイティビティを持つすべての人がより自由に、豊かに生きられる社会を目指します。HIKKYが主催する世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」は、2021年にギネス世界記録™を取得。(※バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数として)その他、2020年には国際的なVR表彰式「VR AWARDS」のマーケティング部門で最優秀賞、日本の「XR CREATIVE AWARD 2020」で最優秀賞を受賞しました。
代表取締役CEO: 舟越靖
本社:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿一丁目20番22号 三富ビル4F
設立:2018年5月1日
URL:https://www.hikky.co.jp

■ BEAMSについて
1976年、東京・原宿に1号店をオープン。ファッションとライフスタイルにまつわるあらゆる物を世界中から仕入れ提案するセレクトショップの先駆けとして時代をリードしてきました。コラボレーションを通じて新たな価値を生み出す企画集団としても豊富な実績を持ち、ファッションの領域を大きく超えて様々なジャンルでクリエイティブなソリューションを提供しています。日本とアジア地域に約170店舗を展開し、世代を超え多くの人に支持されています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビームス >
  3. BEAMSがバーチャルマーケットに5度目の出店 -- 大名古屋展、学芸大青春、カインズとのコラボやアバター用ファッションの販売