プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社マネーフォワード
会社概要

電子契約サービス『マネーフォワード クラウド契約』を開始

紙の契約書も電子契約も一括管理、契約のワークフロー申請から契約締結・保管までオンラインで完結

株式会社マネーフォワード

 株式会社マネーフォワードは、電子契約サービス『マネーフォワード クラウド契約』を、2021年5月より提供開始します。本サービスにより、紙の契約と電子契約の一元管理を可能にし、契約業務の効率化を実現します。
 なお、本サービスは、中堅企業向けバックオフィス統合ソリューション『マネーフォワード クラウドERP』のサービスラインナップに加わります。

■電子契約サービス『マネーフォワード クラウド契約』について
 『マネーフォワード クラウド契約』は、契約のワークフロー申請から契約締結・保管をクラウド管理できる電子契約サービスです。紙の契約書を発行する際に必要な印刷・製本・押印・郵送などの手間や時間、コストを削減できます。紙の契約と電子契約の一元管理が可能で、契約管理の業務効率化を実現します。
URL:https://biz.moneyforward.com/contract/

特 長:
・ワークフロー申請から契約締結、保管までオンラインで完結できる
・電子契約で印刷や郵送、印紙代などのコストを削減できる
・紙の契約と電子契約を一元管理できる
・クラウド上で契約書の検索ができ、閲覧権限も設定可能
・契約の更新・終了を知らせるアラート機能を提供※1
※1 2021年リリース予定(5月時点では、この機能はリリースされませんのでご了承ください。)

​■背景
 政府は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、出勤者7割減を呼びかけ、テレワークを推進しています。しかし、押印のために出社する「ハンコ出社」がテレワーク推進のハードルとなり、企業はハンコレス・ペーパーレス実現に向けた、電子契約導入を加速しています。
 一方で、紙の契約書がすぐに電子契約に切り替わることはありません。そのため、企業の管理部門や法務部門の担当者は、紙の契約書と電子契約の両方を管理しなければならず、業務が煩雑になっているという課題があります。こうした課題を解決するため、紙の契約書と電子契約を一元管理できる本サービスの提供を開始しました。

■『マネーフォワード クラウド契約』開始により実現すること
 本サービスと『マネーフォワード クラウド』の各種サービスを連携して、契約締結から債権・債務の発生、会計処理までを一気通貫で管理することができるようになります。本サービスの開始により、今後当社は、経理財務・人事労務に加えて法務領域も含めたバックオフィス全体の課題解決を目指してまいります。

 また、これまで多くの中堅企業が利用しているオンプレミス型ERPのイメージを一新します。オンプレミス型ERPの多くは、会計財務や人事労務領域の業務を中心とした機能を提供していますが、当社は法務分野も含めたクラウド型ERPとして『マネーフォワード  クラウドERP』を展開してまいります。


■バックオフィス統合ソリューション『マネーフォワード クラウドERP』について
 『マネーフォワード クラウドERP』は、中堅企業に必要なバックオフィス業務領域や複雑な手続きをカバーするクラウド型ERPです。低コストかつ短期間で導入でき、自動バージョンアップでメンテナンス不要、インターネット環境があればどこからでもアクセスできます。『マネーフォワード クラウド』の各種サービスや当社グループ会社が提供するサービス※2を組み合わせることで、クラウド型の特長を活かしたまま、統合ソリューションとしてご利用いただくことが可能です。
URL:https://biz.moneyforward.com/pr/2020

<『マネーフォワード クラウドERP』で新たに提供するサービス>
・『マネーフォワード クラウド固定資産』(2021年5月予定)
・『マネーフォワード クラウド人事管理』(2021年5月予定)
・『マネーフォワード クラウド債権請求』(2021年6月予定)
・『マネーフォワード クラウド年末調整』(2021年8月予定)

※2『マネーフォワード クラウド会計Plus』/『マネーフォワード クラウド経費』/『マネーフォワード クラウド勤怠』/『マネーフォワード クラウド給与』/『マネーフォワード クラウド社会保険』/『マネーフォワード クラウド債権請求』/『マネーフォワード クラウド債務支払』/『マネーフォワード クラウド固定資産』/『マネーフォワード クラウド人事管理』/『マネーフォワード クラウド契約』/『マネーフォワード クラウドBox』/『V-ONEクラウド』/『Manageboard』

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL    :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/
 
※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
ネットサービス
関連リンク
https://biz.moneyforward.com/contract/
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社マネーフォワード

242フォロワー

RSS
URL
https://corp.moneyforward.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都 港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
電話番号
-
代表者名
辻 庸介
上場
東証プライム
資本金
257億8381万円
設立
2012年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード