プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

合同会社ライアットゲームズ
会社概要

LJL 選手育成リーグ「LJL 2023 Academy League」の開催日程と対戦スケジュールが発表!

2ヶ月間に渡って LJL 8チームの所属選手がプロリーグの実戦形式で対決!決勝は8月11日(金)にオンライン形式で実施。

合同会社ライアットゲームズ

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO 藤本 恭史)は、PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」のeスポーツ国内プロリーグ「LJL」(League of Legends Japan League、以下 LJL)[主催:合同会社ライアットゲームズ、運営:株式会社プレイブレーン]の将来のプロ選手の発展と育成を目的とした「LJL 2023 Academy League」の開催日程と対戦スケジュールをお知らせします。

「LJL Academy League」はLJLの次世代を担う選手の育成の場と競技シーンの発展を目的として、今シーズンも6月21日(水)より開幕いたします。LJLの8チームのアカデミー所属選手が出場し、レギュラーシーズンは全チーム総当たり、Bo1対戦形式のトリプルラウンドロビン形式で実施。さらに上位チームによるトーナメントラウンドを3日間に渡って行い、優勝チームを決定します。全ての試合はオンライン形式にて開催され、決勝試合 (8月11日(金)17時〜) はLJL配信プラットフォームで実況解説付きでライブ配信されます。

今年の「LJL Academy League」は、アカデミー選手がより多くの実戦経験を積み、チームとしての実力強化を図ることを目的に、レギュラーシーズンの試合数を昨年の28試合から88試合へと大幅に増やします。各試合の対戦結果はLJL公式TwitterとLoLesports.comで随時確認できるようになります。

 

  • LJL 2023 Academy League 実況・解説

決勝試合の実況解説では、過去に「LJL 2022 Academy League」で実況を務めた syouryu(ショウリュウ)、「2022 Asia Star Challengers Invitational」で解説を務めた Shinmori(シンモリ)の2名がお届けします。

■実況:syouryu(ショウリュウ)
「昨年に引き続き、LJL Academyの実況を担当します、syouryuです。今年のLJLではAcademy出身の選手が多く出場しており、LJL 2023 Academy League は未来のLJLへとつながる重要なリーグとなっています。そんな未来のLJLプレイヤーの躍動する姿を観戦していただく視聴者の記憶に残るような実況ができるように頑張っていきますので、よろしくお願いします!」

■解説:Shinmori(シンモリ)
「この度、LJL 2023 Academy League 決勝戦の解説を務めるShinmoriと申します。前回のAsia Star Challengers Invitationalに引き続き、アカデミーリーグの最高峰の戦いをキャスティングさせて頂ける事、非常に嬉しく思います。次世代のLJL選手を目指し、闘志に燃える選手たちの戦いの熱を存分にお伝えできるよう、尽力いたします。どうぞよろしくお願いいたします!」

  •  LJL 2023 Academy League シーズン概要

『LJL 2023 Academy League 』は、LJL 全8チームのアカデミー所属選手によるレギュラーシーズンを6月21日(水)から7月26日(水)まで毎週 2日間に渡ってオンライン形式にて開催します。対戦形式は「Bo1」(Best of 1[1試合を先取したチームの勝利])、全チーム総当たり戦のトリプルラウンドロビン形式となります。その後、順位に応じた組み合わせによるトーナメントラウンド(Bo3 対戦形式)を8月2日(水)より行い、決勝戦(Bo5 対戦形式)は 8月11日(金)17時より実施します。

<開催期間>
レギュラーシーズン:6月21日(水)〜 7月26日(水)
プレイオフ日程:8月2日(水)〜 8月11日(金)
決勝大会:8月11日(金)17:00〜

<開催日数>
合計 14日開催

<試合数>
レギュラーシーズン 合計 88試合 ※プレイオフ日程含まず

<観戦方法>
8月11日(金)17:00〜  決勝大会のみオンライン配信

<配信チャンネル>
AfreecaTV:https://bj.afreecatv.com/ljl
Twitch:https://www.twitch.tv/riotgamesjp
YouTube:https://www.youtube.com/@LoLeSportsJP
※各試合は上記の放送プラットフォームでどなたでも無料でご覧頂けます

<出演者>
実況:syouryu(ショウリュウ)
解説:Shinmori(シンモリ)

<出場チーム>
AXIZ、Burning Core、Crest Gaming Act、DetonatioN FocusMe、Fukuoka SoftBank HAWKS gaming、FENNEL、Sengoku Gaming、V3 Esports

  •  League of Legends Japan League (LJL)について

『League of Legends Japan League(LJL)』は、PC オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の日本公式プロリーグです。2016 年の発足以来、「Spring Split」と「Summer Split」の2 スプリット制で実施され、各スプリットの優勝チームはLoL の世界大会「Mid-Season Invitational(MSI)」と「World Championship (WCS) 」へ、日本代表チームとして参加することができます。国内リーグ含め世界中のプロリーグの試合は動画配信プラットフォームなどでLIVE 放送されており、どなたでも観戦することができます。

公式サイト:https://jp.lolesports.com/
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/LoLeSportsJP
公式ツイッター:https://twitter.com/Official_LJL
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/lolesports.jp/
LJL公式ストア:https://official-ljl.stores.jp/

  • ライアットゲームズとは

ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。
LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。
ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人の従業員が働いています。

ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
ライアットゲームズ公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

  • 株式会社プレイブレーン

株式会社プレイブレーンは eスポーツの企画、ブランディング、クリエイティブ、制作プロダクション、イベント運営、プロダクト開発とマーケティングに特化した会社です。2016年の設立から今に至るまで、ゲーム業界、クリエイティブ業界、マーケティング業界など多岐のフィールドに渡ったバックグラウンドを持つメンバーから構成され、日本が世界のeスポーツシーンと肩を並べることを目標に取り組んでいます。
2019年1月よりプレイブレーンは合同会社ライアットゲームズと長期的なパートナーシップを結び、League of Legends Japan League(LJL)の運営ならびに、国際大会の日本語配信を行っています。その他「FUTAROKU」や「RIOT STORE JAPAN」、「TAIYORO」などのサービスも手掛けています。

株式会社 プレイブレーン: http://playbrain.com/

  • リーグ・オブ・レジェンドとは

2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。世界で最も人気なトーナメントの一つである「World Championship」の2020年の決勝戦では、1分あたりのオンライン平均視聴者数(AMA)が2,180万人に上り、eスポーツ界の最高記録を更新しました。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている

リーグ・オブ・レジェンド公式サイト: http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://jp.lolesports.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

合同会社ライアットゲームズ

36フォロワー

RSS
URL
https://www.riotgames.com/ja
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー34階
電話番号
-
代表者名
藤本 恭史
上場
未上場
資本金
-
設立
2014年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード