【環境月間×大丸松坂屋百貨店・DAY12】いい傘を長く使うこと、それは環境にやさしい活動です!~アンブレラ・マスターズによるお悩み解決『松坂屋のレインフェア』~

6月27日(木)まで開催 / 松坂屋名古屋店北館3階紳士雑貨売場

人々と共に、地域と共に、環境と共に。大丸松坂屋百貨店は、環境に優しいECOな活動を通じて、お客様への負担や地球への負荷をOFFする~持続可能な参加型プロジェクト~『ECOFF』をはじめ、様々な環境活動に取り組んでいます。一つひとつは小さなことでも、多くのお客様に共感していただくことで未来へ向けた大きなアクションに繋げます。
6月は環境月間。大丸・松坂屋各店の取組みについて土日を除き<毎日>ご紹介していきます!
  • ~松坂屋名古屋店北館3階紳士雑貨売場では、ただ今「レインフェア」を開催中!!~


期間中は紳士傘コーナーを拡大して、総勢9名のアンブレラ・マスターズが傘に関するお悩みを解決いたします。

 


「アンブレラ・マスター」って?
アンブレラ・マスターとは、日本洋傘振興協議会が洋傘売場のスペシャリストを認定する資格制度。アンブレラ・マスターの条件は、洋傘製品の種類や、主な機能、素材、製造技術、特長や魅力および正しい使い方、ケア方法、修理等の対応等に精通していることです。
 

 

 

 

  • ~いい傘を長くお使いいただくことは、環境負荷軽減に貢献します!~

傘といえば、ビニール傘の廃棄量は深刻な環境問題。日本洋傘振興協議会の推定によると、年間約5,000万本のビニール傘が出荷から1年以内に廃棄されています。そして廃棄されたビニール傘の大半が不燃ごみとして出され、埋め立て処分に。環境負荷を軽減するために私たちができることは、「お気に入りにいい傘を長く持つこと」、「傘を修理して使うこと」です。名古屋店のアンブレラ・マスターズは、お客様が1本の傘を長くお使いいただけるよう傘選びのお手伝い、そして傘の正しい取り扱い方法や、壊れた傘の修理のおすすめなど、接客を通じて環境負荷軽減活動を行っていきます。

▲私たちアンブレラ・マスターズは、首に巻いたスカーフがトレードマーク▲私たちアンブレラ・マスターズは、首に巻いたスカーフがトレードマーク

今後も大丸・松坂屋の環境活動をお届けいたします。
引き続きお付き合いくださいませ。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大丸松坂屋百貨店 >
  3. 【環境月間×大丸松坂屋百貨店・DAY12】いい傘を長く使うこと、それは環境にやさしい活動です!~アンブレラ・マスターズによるお悩み解決『松坂屋のレインフェア』~