【マスクメーカーが掲げるSDGsプロジェクト】コロナ禍における“マスクがもたらす環境問題”に終止符。99%植物由来のサステナブルな不織布を使用した「ECOthicalMask」

2022年7月1日より、私たちは、青い海と青い空を守るため「PROTECT THE BLUE OCEAN AND BLUE SKIES」プロジェクトを開始。持続可能な開発目標(SDGs)を支援します。

サムライワークス株式会社(代表取締役社長:新島 実 本社所在地:東京都渋谷区)は、マスクを通じて、持続可能な開発目標(SDGs)を支援します。現在、新型コロナ禍により使用頻度が増加したマスクが大量に廃棄されており、マスク・プラスチックごみ増加は地球環境に大きな影響を及ぼします。感染拡大を抑え、ごみを流出させないため、私たちはこの問題と向き合っています。地球環境に配慮した素材を可能な限り使用し、廃棄量を軽減し、環境への負荷を減らすこと。「人にやさしく、地球にやさしいマスク」を通じて、私たちの取り組みが世界的な環境問題解決への第一歩となることを願っています。

  • 「PROTECT THE BLUE OCEAN AND BLUE SKIES」プロジェクト

 

青い海と青い空を守るプロジェクト』
私たちは、青い海と青い空を守るために、「PROTECT THE BLUE OCEAN AND BLUE SKIES」プロジェクトを
通じて、「二酸化炭素排出量の削減」や「海洋プラスチック問題の改善」など、地球環境に関する取り組む活動を積極的に行います。
現在、新型コロナ禍により使用頻度が増加したマスクが大量に生産され、その後廃棄されたマスク=プラスチックごみの増加は地球環境に大きな影響を及ぼしています。感染拡大を抑え、ごみを流出させないため、私たちはこの問題と向き合っています。地球環境に配慮した素材を可能な限り使用することで、環境への負荷を減らすこと。
「人にやさしく、地球にやさしいマスク」を通じて、私たちの取り組みが世界的な環境問題解決への第一歩となることを願っています。
  • マスクの急激な需要の高まりにより、"マスクゴミ"に関する環境問題が深刻化しています。

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、ほとんど毎日着用するようになったマスク。

不織布マスクの主な素材として、”ポリエステル、ポリウレタン、ポリエチレン”などが挙げられますが、これらは全てプラスチックです。着用機会の増加と共に、マスクやプラスチックごみが急増しています。
世界では月に、1,290億枚のマスクが生産され、そのうちの約3%が海に流出するとされています。
数にすると38億7千万枚という膨大な数のマスクが、自然界の中で完全に分解されることなく途方もない年月をかけて海を漂うことで、自然環境や生態系に影響を与えています。
この深刻な環境問題に私たちは向き合っていきます。​
  • マスクは生態系に影響を及ぼす「海洋プラスチックごみ」

一般的な使い捨てマスクは自然分解されるまで約450年かかるとされ、膨大な数のマスクが自然界の中で完全に分解されることなく途方もない年月をかけて海を漂うことで、自然環境や生態系に影響を与えています。過去半世紀で世界中のプラスチック使用量は約20倍に増加しており、現状のペースでプラスチックの廃棄が増加すると、2050年までには、海洋のプラスチックごみは魚類よりも多くなると報告されています。
プラスチックごみによる海洋汚染は、まさに危機的な状況です。
  • 99%植物由来で自然分解可能なサスティナブルマスク「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」
マスクを通じ、私たちにできること。
地球と共存するミライに向け、私たちは、時代とともに変化する世の中の要望に応えながら、マスクを通じて課題解決に取り組む、人にやさしく、地球にやさしいマスク「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」を提供します。

地球環境にやさしいエコマスク「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」は不織布の素材に、すばやく生分解し、自然に還りやすいPLA樹脂(ポリ乳酸)を99%使用しています。
PLA樹脂(ポリ乳酸)でできた不織布は、製造・破棄する際に二酸化炭素の排出を軽減し、地球の温暖化へのリスクを減らします。生分解されたマスクが再び大地に還り、新しい自然を生み出すサイクルを構築することで、環境への負担を抑えることを目指します。「感染を予防しながら、ごみを流出させない。」環境負荷が低く、短期間で土に還ることができるマスクを通じて、私たちは地球環境の保全に取り組みます。
▼詳細はこちら
https://stop-corona.jp/
https://stop-corona.jp/pages/eco-mask
https://stop-corona.jp/products/ecothical-mask
  • 土に還る素材PLA樹脂(ポリ乳酸)
「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」に使用される、バイオマスプラスチックと生分解性プラスチックの両方の性質をもったPLA樹脂(ポリ乳酸)は、一般的な不織布と比べると非常にすばやく生分解し、自然に還りやすい地球にやさしい素材です。

▽赤外光試料照射による化学的検査結果【PLA樹脂(ポリ乳酸)】

 

PLA樹脂(ポリ乳酸)作るときも、燃やす時も二酸化炭素の排出を抑え、地球にやさしいサイクルを作ります。

日本は2050年までのカーボンニュートラルを掲げています。
日本は世界で5番目に多くのCO2を排出しており、環境省が2021年12月に発表した「2020年度の温室効果ガス排出量」によれば、日本の温室効果ガス総排出量は約1.1Gt(11 億 4,900 万トン)、石油系プラスチックは約1,030万トン使用されています。そのうちの約24%が産業部門からの排出とされています。
そんな中、原料のほとんどがプラスチックであるマスクの使用により、CO2の排出は大幅に増え続けています。

 

ECOthical Maskは、製造・焼却の観点で、一般的な不織布と比較し、CO2の排出を大幅にカットすることで2050年までのカーボンニュートラルの実現を目指します。
  • 素肌に近い、弱酸性。人にやさしく、肌にもやさしい。
PLA樹脂(ポリ乳酸)は植物由来の原料から作られた、素肌に近い「弱酸性」の素材です。
 人の素肌のpHバランスは中性より少し酸性の「弱酸性」です。 肌に近い弱酸性の素材を使用することで、肌への刺激を軽減。 敏感肌の方も安心してお使いいただけます。

■商品情報
〇「ECOthical Mask(エコシカルマスク)」

〇カラー:ホワイト、ライトグレー・ラベンダーグレー・ヌーディベージュ【全4色】
〇サイズ:大人用サイズ(W175mm×H95mm) ※サイズは目安です。
〇ラインナップ:
・7枚入り   390円(税抜)
・30枚入り 1,190円(税抜)
〇特徴:
・肌にやさしい不織布-PLA樹脂(ポリ乳酸)使用
・非金属のノーズワイヤー
・やわらかく幅広い耳ひも
・99%カットフィルター
---------------------------------------------

■REVIVE THE EARTH <地球と向き合う第一歩>

 

私たちは、地球環境に配慮した素材を可能な限り使用し、廃棄量を軽減します。環境への負荷を減らすことで、「人にやさしく、地球にやさしいマスク」を通じて、世界的な環境問題解決への第一歩となることを願っています。




▽公式サイト「SDGs MASK SHOP」
https://stop-corona.jp/
▽ECOthicalMaskについて
https://stop-corona.jp/pages/eco-mask
▽商品詳細ページ
https://stop-corona.jp/products/ecothical-mask
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サムライワークス株式会社 >
  3. 【マスクメーカーが掲げるSDGsプロジェクト】コロナ禍における“マスクがもたらす環境問題”に終止符。99%植物由来のサステナブルな不織布を使用した「ECOthicalMask」