人事労務freee、変形労働制に対応開始第一弾は週単位の変形労働に対応

 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木 大輔、以下「freee」)は「人事労務freee」において、週単位での変形労働制に対応しました。
変形労働制とは、企業の繁閑に合わせて従業員の労働日や労働時間を柔軟に調整する働き方を指します。国内では約6割の企業で変形労働制が採用されています。(※)
今回の機能追加により、変形労働制の従業員の出勤予定日や出勤時間を事前に登録しておくことで、人事労務freee上で残業時間の集計や割増賃金の計算がリアルタイムで自動で行われるようになりました。勤怠の締め作業や給与の支給前に発生していた、人事労務担当者の業務負担を大きく軽減することが可能になります。

※厚生労働省令和2年就労条件総合調査結果の概況を参照
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/20/dl/gaiyou01.pdf#page=6

■週単位の変形労働について
厚生労働省が定める、日ごとの業務に著しい繁閑の差が生ずることが多い事業者(小売業、旅館、料理店、飲食店)のなかで、常時使用する労働者の数が30人未満の事業者に従事する労働者について、労使協定を定めた場合、1週間の労働時間が40時間を超えない範囲で1日について10時間まで労働させることができる制度です。
<例>
・土日は来客数が多いため所定労働時間を増やす
・平日は来客数が少ないため所定労働時間を少なくする
今後は月単位/年単位での変形労働にも対応する予定です。月単位への変形労働制への対応は、2021年1月〜2月頃を予定しております。

■変形労働の設定方法について

人事労務freeeの管理者が変形労働制の従業員の出勤予定日・出勤予定時間を登録することができます。勤怠登録内容をもとに、時間外労働時間・給与額が自動で集計されます。

<登録方法の詳細>
ヘルプセンター
https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/900002405506
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. 人事労務freee、変形労働制に対応開始第一弾は週単位の変形労働に対応