ユーザー構築型ワークフロー「Web PerformerWf」を6か月無料で利用できる「テレワーク応援キャンペーン」を開始

~ワークフローシステム活用でテレワーク導入課題を解決~

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、ユーザー構築型ワークフロー「Web PerformerWf」を6か月無料で利用できるキャンペーンを実施します。

 


急速に広がりつつある「テレワーク」。しかし多くの企業では社内にはまだたくさんの 「紙」「ハンコ」を必要とするペーパー業務が残っていて、テレワークの限界や阻害要因となっています。このようなテレワーク導入の課題を解決するための手段の一つとして、ワークフローシステムがあります。ワークフローシステムは、テレワークの障壁となる各種申請書とその承認業務の Web化が可能です。この活用により、テレワーク可能な業務や人員を拡大することができるだけでなく、企業組織全体の業務効率化も同時に追求できるメリットがあります。
この度、ワークフローシステムの導入・構築をすぐに始めたい企業を対象に、ワークフローツール「Web PerformerWf」を6か月間、無料でご利用いただけるテレワーク応援キャンペーンを実施します。
 

本キャンペーンは、2020年12月28日まで下記サイトからお申込みいただけます。キャンペーンをご利用いただくと、ワークフローツール「Web PerformerWf」を活用した伝票開発から実運用までのPoC実施から自社の業務とのフィット&ギャップを行っていただくことが可能となります。この機会にぜひお試しください。
 
▼テレワーク応援キャンペーンのお問い合わせ、お申し込みはこちらのURLからご覧ください。
https://reg.canon-its.co.jp/public/seminar/view/4188

キヤノンITSは、テレワーク導入の課題となっている「紙による業務」から脱却を目指し、社内・社外文書の電子化を強力に支援していきます。

■ユーザー構築型ワークフロー「Web PerformerWf」
https://www.canon-its.co.jp/products/wf/
「Web PerformerWf」は、ワークフローシステムを簡単かつスピーディーに構築できるツールです。多様で複雑なビジネスプロセスを、「きめ細かく」「柔軟に」、ノンプログラミングで開発できます。
組織改編や業務変更には、バージョン管理機能によってスムーズに対応できます。また、外部システムとの多様な連携により、業務データベースを有効活用できます。

ワークフローツール「Web PerformerWf」なら
・使い慣れた紙文書の帳票が、そのままシステム化
・承認フローの設定は、ドラッグ&ドロップで簡単設定
・組織変更も「組織の新旧管理」でスムーズ


● 報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 コミュニケーション推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

● 一般の方のお問い合わせ先
SIサービス事業統括推進本部 ソリューション推進部
03-6741-9181(直通)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンITソリューションズ株式会社 >
  3. ユーザー構築型ワークフロー「Web PerformerWf」を6か月無料で利用できる「テレワーク応援キャンペーン」を開始