JCB、インドネシア大手銀行CIMB Niagaと同国内初のJCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)対応カードを発行開始

JCB
日本発唯一の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎)の海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役社長: 金子 佳喜)、PT. JCB International Indonesia(本社:ジャカルタ、President Director: 高橋 巧)(以下:総称してJCB)は、インドネシアの大手商業銀行PT Bank CIMB Niaga Tbk(本社:ジャカルタ、President Director: Tigor M. Siahaan、以下:CIMB Niaga)と、2021年9月3日(金)より、JCBのタッチ決済対応カードの発行を開始します。インドネシアにおける JCBのタッチ決済対応カードの発行は、本カードが初となります。


■ CIMB Niaga  - JCBクレジットカードについて
CIMB Niagaは、インドネシア全土に451の支店を持ち、リテールバンキング、コーポレートバンキング、プレミアムバンキングなどの包括的な金融サービスを提供しています。CIMB Niagaは、同国の中間層から富裕層をターゲットに、JCBの最上位券種である 「Ultimate」をはじめ、プラチナ券種である「Precious」「Platinum」の3券種を発行しており、ご利用金額に応じてポイントが貯まるほか、JCBの各種優待や各国の空港ラウンジサービスなどをご利用いただけます。

■JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)について
JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)は、お持ちのJCBカードやJCBカードを登録したスマートフォンなどをお店の端末にかざすだけでショッピングができる、JCBブランドの非接触決済です。近距離通信の国際標準規格に準拠しており、世界のJCBのタッチ決済対応加盟店でご利用いただけます。インドネシア国内では、現在10万以上の加盟店でご利用いただけ、今後もJCBのタッチ決済対応カード、対応加盟店ともに拡大してまいります。
この度のカード発行は、同国でのサービス拡充を目指すJCBと、お客様に安全・安心・便利な金融サービスを提供したいCIMB Niagaの想いが一致し、実現しました。

おかげさまでJCBは創立60周年を迎えました。これからも、「おもてなしの心」「きめ細かな心づかい」でお客様一人ひとりのご期待に応えていきます。そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、お客様にとっての世界にひとつを目指し続けます。

プレスリリースPDF版はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20210902-814f6cbc592a594e222a8b248de72dcc.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JCB >
  3. JCB、インドネシア大手銀行CIMB Niagaと同国内初のJCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)対応カードを発行開始