ペルー共和国北部で銅-銀の共同探鉱契約を締結

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)はペルー共和国北部のサンマルティン地域において、銅-銀を対象とした新規の共同探鉱を開始しました。
 JOGMECは、2020年11月27日付けでカナダの探鉱ジュニア企業であるHannan Metals Limitedと、ペルー共和国サンマルティン地域において共同探鉱を実施する契約を締結しました。
 サンマルティン地域はペルー北部のサンマルティン州に位置し、ほとんど探鉱が実施されていないフロンティア地域です。本地域では、近年の地表調査等により特定の堆積岩層準に銅-銀の鉱化作用が広く分布していることが確認され、周辺の地質環境等からペルー共和国ではこれまで発見されていない大規模な堆積岩内銅鉱床の胚胎が期待されます。今後、JOGMECは本地域において地質調査、地化学探査、物理探査およびボーリング調査を実施し、新たな銅-銀鉱床の発見を目指します。
 JOGMECは、本件を通じて、供給源の多角化を図り、鉱物資源の安定供給に一層努めてまいります。

■プロジェクトの概要
1)探鉱地域
 サンマルティン(San Martin)地域は、アンデス山脈東部の内陸部にあり、ペルー共和国の首都リマ (Lima)から北約600キロメートル、サンマルティン州の中心都市タラポト(Tarapoto)から西約30キロメートルに位置する。探鉱地域は4つの鉱区群からなり、87件の探鉱鉱区で総面積は656平方キロメートルである。本地域は、近年、堆積岩内銅鉱床の胚胎が注目された地域であり、これまで金属鉱床を対象とした探査はほとんど実施されていないフロンティア地域である。周辺の地質セッティングは、大規模かつ高品位な堆積岩内銅鉱床として世界的に知られる東欧州のクッファ―シーファー(Kupferschiefer)銅鉱床群と似た特徴を有することから、本地域内においても類似する鉱床の賦存が期待される。

2)契約概要
 JOGMECは4年間で計800万米ドルを拠出することにより、本プロジェクトの権益51%を取得するオプション権を得る。

■共同調査相手方概要
企業名:Hannan Metals Limited
所在地:カナダ・バンクーバー
代表者:Michael Hudson氏 (CEO)
概要:トロント証券取引所に上場する探鉱ジュニア企業で、本サンマルティン地域の他にもアイルランドに亜鉛プロジェクトを所有する。

■プロジェクト位置図


リリース本文はこちら↓
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_13_000016.html?mid=pr_201201
  1. プレスリリース >
  2. JOGMEC >
  3. ペルー共和国北部で銅-銀の共同探鉱契約を締結