クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」ユーザー17社が「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞!

Hamee(ハミィ)株式会社(所在地:神奈川県小田原市、代表取締役:樋口敦士、東証一部:証券コード3134、以下、Hamee)は、楽天市場に出店する4万店以上の店舗の中からベストショップを決定する「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2019(以下、楽天SOY)」において、当社が開発・提供するクラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」ユーザー17社が受賞したことをお知らせいたします。また、Hameeが運営する『Hamee楽天市場店』はスマートフォン・タブレット・周辺機器部門においてジャンル大賞を受賞しましたので、あわせてお知らせいたします。

【概要】
Hameeは、世界累計販売数1,745万個(2020年1月時点)の自社商品ブランド「iFace」などを中心としたスマホアクセサリーグッズを取り扱うネットショップを複数店舗運営しています。『Hamee楽天市場店』(URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/keitai/)は2000年1月にオープンし、今回が通算8度目の楽天SOY受賞となりました。

こうした自社におけるEC運営ノウハウをもとに、煩雑なネットショップ業務を自動化しサポートする、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」( URL: http://next-engine.net/ )を開発し、2008年よりEC業者向けに提供をスタートしました。今では利用企業社数3,790社、管理店舗数29,376店舗(2019年10月31日現在)の業界シェアNo.1サービスとなっています。今回楽天SOYを受賞した同システムのユーザー数は17社で、うち7社が初受賞となりました。また、今回の受賞社数を含め楽天SOYの受賞延べ企業数は145社に上ります。

【楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2019】(URL:https://event.rakuten.co.jp/soyshop/
4万店以上(※1)の店舗の中から年間のベストショップを決定する、楽天市場の最も栄えある賞です。ショップ・オブ・ザ・イヤーでは、お客様による得票数、本年度の売上、注文件数、売上の伸張率、お客様対応などから選考され、各賞の受賞店舗が決まります。今回は、総合賞10店舗、42ジャンルにおけるジャンル賞125店舗、サービス賞26店舗、特別賞12店舗の計173店舗(※2)が受賞しました。

※1   2020年1月6日時点 49,533店舗
※2   同一店舗による複数賞受賞の重複を含む、延べ店舗数

■ネクストエンジン( URL: http://next-engine.net/ )
・自社ネットショップ運営の現場から生まれたシステム
・受注、発注、仕入、在庫〜分析等、ネットショップに必要な機能を集約
・登録店舗数29,376店舗
(2019年10月31日現在 上場企業、楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗等含む)
・必要なオプションを追加で購入する「ネクストエンジンアプリ」で機能の拡張が可能
ネクストエンジンと連携するアプリを作成・販売するためのプラットフォームを提供

■Hamee(ハミィ)株式会社 概要( URL: http://hamee.co.jp
会社名  : Hamee(ハミィ)株式会社 (東証一部 証券コード: 3134 )
設立   : 1998年5月
代表者  : 代表取締役社長 樋口敦士
所在地  : 神奈川県小田原市栄町2-12-10 SquareO2
事業内容 : スマートフォングッズの開発、ネット通販・卸販売・輸出入、ネット通販支援ASP開発運営、 海外通販サイト運営

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Hamee >
  3. クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」ユーザー17社が「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞!