3,790社導入の「ネクストエンジン」を提供するHameeがメーカー/小売業者の滞留在庫を見える化する「滞留在庫アプリ」をリリース

~ECのSDGs対応を加速化させる新サービス~

Hamee(ハミィ)株式会社(所在地:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士、東証一部:証券コード3134、以下、Hamee)は、2020年2月4日よりクラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」の追加機能として、ネクストエンジンユーザーの滞留在庫(※)を可視化する滞留在庫アプリの提供を開始しました。

※滞留在庫:仕入れたにもかかわらず一定期間を超えても売れず、残っている商品在庫のこと

【滞留在庫アプリを提供開始した理由】
Hameeはスマホケース「iFace」の販売や、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」を通じた3,790社のEC事業者との取引から、業界内での大量廃棄や滞留在庫について危機感を感じていました。
本来、商品価値があるはずの在庫商品はネクストエンジン内だけでも600億円以上に上ります。Hameeではこの、資源を使って作られた商品が流通しない問題を解決するために、滞留在庫が可視化できる「滞留在庫アプリ」を開発・リリースする運びとなりました。
滞留在庫アプリでは、EC事業者が生産・販売している商品のうち、どの商品が滞留しているのか在庫量を可視化し、その商品が完売するまでの期間を予測することができます。滞留していると判断された商品は、2020年3月にオープンする滞留在庫を流通させる新サービスに簡単に出品することができるようになります。
「滞留在庫アプリ」を通して、スマートフォンアクセサリー類の販売事業者として、また、3,790社のEC事業者と取引を行うプラットフォーマーとして、SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」と、大量生産・大量販売によるゆがみを業界の皆様と解消していきたいと考えています。

【滞留在庫アプリでできること】
・滞留在庫の可視化
現在、滞留している商品や在庫量の可視化

・滞留在庫が完売するまでの予測
1年後に売れ残ってしまう可能性がある在庫を可視化

・滞留在庫の再流通
滞留在庫を流通させる新サービスへ出品 ※新サービスについては2020年3月OPEN

【滞留在庫アプリのご利用方法】
サービスURL:https://base.next-engine.org/apps/2687/detail/
滞留在庫アプリを利用する場合、ネクストエンジンにログインの上、サービスURLよりお申し込みいただけます。
初期・月額費用ともに無料です。

【サービス概要】
■ネクストエンジン
・URL:https://next-engine.net
・自社ネットショップ運営の現場から生まれたシステム
・受注、発注、仕入、在庫〜分析等、ネットショップに必要な機能を集約
・登録店舗数29,376店舗(2019年10月31日現在 上場企業を含む)
・必要なオプションを追加で購入する「ネクストエンジンアプリ」で機能の拡張が可能
「ネクストエンジン」と連携するアプリを作成・販売するためのプラットフォームを提供

【Hamee(ハミィ)株式会社 概要】
会社名:Hamee株式会社(東証一部 証券コード: 3134 )
URL:https://hamee.co.jp/
設立:1998年5月
代表者:代表取締役社長 樋⼝ 敦⼠
所在地:神奈川県⼩⽥原市栄町2-12-10 Square O2
事業内容:スマートフォングッズの開発、ネット通販・卸販売・輸出入、ネット通販支援ASP開発運営、 海外通販サイト運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Hamee >
  3. 3,790社導入の「ネクストエンジン」を提供するHameeがメーカー/小売業者の滞留在庫を見える化する「滞留在庫アプリ」をリリース