ブルガリを纏ったセレブリティが第72回カンヌ国際映画祭に登場

2019年5月16日、フランスのカンヌで開催された第72回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットにモデルのベラ・ハディッド、ブランカ・パディラがブルガリを纏い、登場しました。
デクスター・フレッチャー監督の映画「ロケットマン(ROCKETMAN)」の上映会に登場したのは、ブルガリの   ブランドアンバサダーであり、モデルのベラ・ハディッドでした。古代ローマ時代の遺跡である壮麗なカラカラ浴場のモザイク画から着想を得た扇型モチーフを配した「ディーヴァ ドリーム」のダイヤモンドをあしらったイヤリング、古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」のシンボルと人々に崇められる蛇をジュエリーへと昇華させた「セルペンティ(イタリア語で蛇の意)」のサファイア、ダイヤモンドをあしらったブレスレット、センターにマーキースカットを施した約3カラットのダイヤモンドをあしらったリングを纏い、レッドカーペットに舞い降りました。

スペイン出身のモデルであるブランカ・パディラが着用したのは、ホワイトゴールドにエメラルド、ターコイズ、  ダイヤモンドをあしらったイヤリング、グレーとホワイトカラーのマザーオブパール、ダイヤモンドをあしらった  ブレスレット、総ダイヤモンドのリングでした。

ベラ・ハディッドベラ・ハディッド

ベラ・ハディッドベラ・ハディッド

ブランカ・パディラブランカ・パディラ




お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100  https://www.bulgari.com/ja-jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブルガリ ジャパン株式会社 >
  3. ブルガリを纏ったセレブリティが第72回カンヌ国際映画祭に登場