【オンラインセミナー】「利益を生み出すモノづくりのためのPLMと原価企画セミナー2020 秋」

近年、製造業は、経済産業省がDXレポートにて言及した「2025年の崖」問題の対策が火急の課題となっています。加えて、世界規模でコロナ禍終息の見通しが立たず、需要・供給の増減予測が困難な状況に置かれています。需要・供給の振れ幅に左右されることなく、利益を確保する「儲かるモノづくり」体制の構築、その要となる「原価企画」は、重要性が今まで以上に高まっているのではないでしょうか。

「設計・開発段階でコストの80%が決まる」というキーワードが示すように、利益を生み出すモノづくりの実現には、上流でのコストマネジメントが重要です。「技術」と「会計」(言い換えれば、設計と原価)がバラバラな状態では、このようなモノづくりの実現は困難です。そこで、設計、製造のデータ連携のみならず、会計とも連携することでもたらされる、新しい日本のモノづくりの経営手法についてご紹介いたします。

■開催概要
【日時】

2020年11月5日(木) 14:00~14:40

【会場】
オンライン (全国どこからでも参加可能です)

【アジェンダ】
第一部:「mcframe PLMによる原価企画高度化の実践」
「エンジニアリングチェーン」と「サプライチェーン」を高度に連携することで、得られる効果にコストダウン貢献があります。 原価企画とコストダウンの関係、原価企画の重要性は広く認識され、そのために始まったはずのPLMプロジェクト・・・
志半ばで頓挫、目的が単なる設計データ管理にすり替わってしまったなど、失敗事例は枚挙に暇がありません。
生産管理、原価管理のmcframeシリーズでコストダウン貢献に磨きをかけてきた我々が本気で取り組むPLMソリューション、それが「mcframe PLM」です。
第一部では、mcframe PLMによる原価企画高度化への歩みをわかり易く解説いたします。

第二部:「エンジニアリングチェーンとサプライチェーンの連携」
この不確実な現代、企業が迅速かつ柔軟に対応する能力である企業変革力(ダイナミック・ケイパビリティ)が重要とされ、それを高めるデジタルトランスフォーメーションの推進が求められています。
その中で今回は、エンジニアリングチェーンとサプライチェーンの連携について、PLMを活用してどのように実現していくか、テーマとして取り上げます。
E-BOM、M-BOM、BOPの流れを中心に、3DCAD、PLM、生産管理のシステム連携の各シーンについて、具体的なデモも交えながらご紹介いたします。

【共催】
ビジネスエンジニアリング株式会社、キヤノンITソリューションズ株式会社

【参加費】
無料 (事前登録制)

【お申込み】
以下のサイトよりお申し込みください。
「利益を生み出すモノづくりのためのPLMと原価企画セミナー2020 秋」
<https://www.canon-its.co.jp/seminar/detail/?id=8630?utm_source=PRT&utm_medium=referral&utm_campaign=PRT1028>

※ 同業他社様からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
※ 内容および時間帯は、変更となる場合がございますので予めご了承ください。

<キヤノンITソリューションズの提供するエンジニアリングソリューション>
モノづくり企業としての生い立ちを活かし、長年の研究開発で培った先端技術を強みに、お客さまのニーズにワンストップに対応できる最適なソリューションを提供しています。業務に役立つ多様な商品群や最新のITスキルを駆使した付加価値サービスとともに、お客さまのビジネスと社会の発展に貢献できるエンジニアリング事業の拡大を推進してきます。

 

 

● 報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 コミュニケーション推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

● 一般の方のお問い合わせ先
エンジニアリングソリューション事業部 セミナー事務局
03-6701-3449(直通)

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンITソリューションズ株式会社 >
  3. 【オンラインセミナー】「利益を生み出すモノづくりのためのPLMと原価企画セミナー2020 秋」