freee、電子申告専用のスマホアプリを提供開始

書類作成から申告まで、スマホで「おうちでサクッと確定申告」を実現

 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、確定申告の電子申告をスマホアプリでできるサービス「電子申告アプリ」を本日から無料で提供開始します。これまで、○×形式の質問に答えるだけで確定申告に必要な申告書類の作成が簡単にできるサービスをPC・スマホどちらからでも利用可能なサービスとして提供してきました。今回新たに、国内の民間企業では初(※1)の電子申告専用アプリをリリースします。
 本アプリでは、外付けのカードリーダーを用意しなくても、スマホにかざすだけでマイナンバーカードを読み取ることが可能です(※2)。会計freeeで作成した申告書類と連携し、スマホで書類作成から申告までを完結することができます。
 また、今回「おうちでサクッと確定申告」をテーマに、これから確定申告をする方がご自宅でできる3つのこと『①確定申告書類の作成、②確定申告に関する相談、③スマホで簡単にできる電子申告』をサポートします。
 昨年、確定申告を行った人の数は2,204万人(※2)にのぼりました。例年、国税庁が提供する確定申告相談所には多くの申告者が書類作成や相談のために長蛇の列を作る光景が見受けられます。新型コロナウイルス感染拡大を防止の観点から、人と人の接触を減らしていく為に自宅で確定申告を済ませていただきたいと考え、freeeは社会の進化を担う企業としてこの取り組みを実施します。

※1:2021年1月15日時点自社調べ
※2:ICカード読み取り機能が搭載されているスマートフォンが対象
※3:国税庁「令和元年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について(令和2年6月)」

■昨年は約500万人が税務署・相談所に駆け込み。毎年多くの申告者が相談に
 国税庁が発表したデータによると、約500万人の申告者が税務署が提供する確定申告相談カウンターや市区町村が提供する相談窓口に訪れています。そこでは、税務署職員と申告者がマンツーマンで申告書類の記入方法やe-taxのサポートなど確定申告に関する不明点などを解消するために多くの申告者が集まり、密を避けられない状況ができています。

■電子申告で65万円特別控除が適用。特別控除額変更を「知らない」と答えた人は51%
 2020年(令和2年)分の確定申告から、電子申告で青色申告の手続きを行えば65万円の特別控除が受けられます。紙で申告する場合と比較して、10万円の追加控除を受けることが可能です。しかし、確定申告対象者の方のうち51%の方がこの特別控除額の変更について「知らない」と回答しました。(※freee自社調べ)

freeeでは、「おうちでサクッと確定申告」をテーマにご自宅でできる確定申告時のサポートを以下の通り実施してまいります。

■【その①】溜まった領収書はスマホスキャン!〇✕形式の質問に答えて「おうちで申告書作成」
 クラウド会計ソフトfreee(以下「会計freee」)は、〇×形式の質問に答えるだけで確定申告に必要な書類作成が可能です。青色申告・白色申告どちらにも対応しており、e-Taxにも対応しています。確定申告が初めての方でもわかりやすい操作方法となっています。

溜まった領収書はスマホで撮影、AIがサクサク自動仕訳溜まった領収書はスマホで撮影、AIがサクサク自動仕訳

 

〇✕形式の質問に答えるだけで申告書類の作成が可能〇✕形式の質問に答えるだけで申告書類の作成が可能

■【その②】税理士登壇のLIVE配信・チャットサポートで「おうちで相談・悩み解決」
 例年、国税庁が提供する確定申告相談所には多くの申告者が書類作成や相談のために長蛇の列を作る光景が見受けられます。
 そこでfreeeは、3月6日(土)に税理士の先生が皆さんの質問にLIVE形式でお答えする2時間生放送のスペシャルイベントや、確定申告にまつわる基礎知識について税理士が解説した動画などを毎週1本freee公式YouTubeチャンネル (URL:http://bit.ly/36ntBte ) にて公開します。その他にも、2月17日に税理士登壇の確定申告ウェブセミナー、3月6日に税理士・freeeサポートメンバー登壇の会計freee使い方ウェブセミナーを開催します。確定申告変更点や会計freeeでの確定申告方法を詳しく解説することに加え、視聴者からのご質問にお答えします。

<概要>
・freeeで行う確定申告ステップ解説!
・わからないをゼロに!freee確定申告相談コーナー
・確定申告を2時間で終わらせる!に挑戦を生中継

<開催日時>
2021年3月6日(土) 14:00 ~ 16:00

<参加方法>
当日お時間になりましたらfreee公式YouTubeチャンネル (URL: http://bit.ly/36ntBte ) にて生配信いたします。
どなたでもご参加いただけますので、ぜひチャンネル登録をしてお待ちください。

<事前質問を募集します!>
セミナーでは質問タイムで視聴者の方々の疑問にお答えします。
会計freeeの使い方で気になる点は、ぜひ事前に質問投稿箱へ投稿をお待ちしています!

▼質問投稿箱はこちら
https://forms.gle/f3NXLMGWPE1SsU8e6

▼参加申し込みはこちら
https://go.freee.co.jp/kakuteishinkoku20210306.html

■【その③】カードリーダー不要!スマホアプリで電子申告ができる「おうちで申告書提出」
 本日1月18日(月)にfreeeは「電子申告アプリ」をリリースしました。外付けのカードリーダーが無くても、マイナンバーカードを読み取れるスマートフォンと「電子申告アプリ」があれば、会計freeeで作成した確定申告の書類を簡単に電子申告することができます。電子申告が完結するスマホアプリを民間企業が提供するのは日本初です。

iOS:https://apps.apple.com/jp/app/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E7%94%B3%E5%91%8A%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1542576208
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.freee.lionrock

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. freee、電子申告専用のスマホアプリを提供開始