池上線長原駅“木になるリニューアル”が2021年秋に竣工予定!

池上線戸越銀座駅、旗の台駅に続き、多摩産材を使用して温かい雰囲気の駅に改修

池上線長原駅において、池上線沿線の温かい雰囲気をコンセプトとした「木になるリニューアル(以下、本事業)」が2021年秋に竣工する予定です。

本事業は、グッドデザイン賞など数々の賞を受賞した池上線戸越銀座駅、旗の台駅のリニューアルに続く、池上線沿線ならではの温かさやぬくもりをコンセプトにデザイン、素材を採用した改修となります。

地上階の駅舎や東急ストア入口、改札外に新設する店舗の一部は、東京都多摩地区で生産された多摩産材を活用し、木のぬくもりが感じられる軒下空間を演出することで、駅とまちが柔らかくつながる心地よい空間を目指します。なお、新設する店舗は、本事業のコンセプトに合わせ、周辺エリアにお住まいのお客さまが日常使いできる、また地域の魅力を高めていける店舗を目指します。また、地下階にある電車と駅の接点になるプラットホームは、既存躯体を利用したゲートのような意匠とします。

本事業において多摩産材を活用することで、木材が吸収している二酸化炭素約1tを固定化することができ、大気中の二酸化炭素増加を抑制することに寄与します。また、駅天井仕上げの工夫による廃棄物の削減など、地球環境に配慮した取り組みを実施します。

池上線沿線では、戸越銀座駅、旗の台駅に続き、池上駅でも駅舎改良工事が竣工、2021年3月30日にはエトモ池上が開業しました。今後も当社は、沿線の魅力を生かしたさまざまな取り組みを継続的に実施していくことで、池上線沿線の魅力を高めていきます。

現在の改札外コンコース 現在の改札外コンコース 

改札外コンコースリニューアル後改札外コンコースリニューアル後

現在のホーム現在のホーム

ホームリニューアル後ホームリニューアル後












 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. 池上線長原駅“木になるリニューアル”が2021年秋に竣工予定!