千葉大学研究者ロールモデル集 Progress 創刊

研究リーダーとして活躍する女性研究者を紹介

 千葉大学は、国際的な研究活動を促進し、研究リーダーとして活躍している女性研究者9名をロールモデルとして紹介する「研究者ロールモデル集 Progress」vol.1を発行しました。
 千葉大学グローバル・ダイバーシティ研究者育成事業(令和2年度 文部科学省 科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」に採択)の一環として、若手女性研究者が研究リーダーとして活躍する姿をイメージできるよう、リーダーとして活躍する女性研究者をロールモデルとして紹介する取り組みの一つです。vol.2は、2022年3月発行予定です。
ロールモデル集は以下のウェブサイトで公開中です。
各研究者のインタビュー動画も掲載しています。
https://www.gakuzyutsu.chiba-u.jp/diversity2020/rolemodel/index.html
  • 創刊の背景

 千葉大学は2005年に女性研究者の研究と家庭生活の両立のための取り組みをスタートし、当時15.5%だった本学全体の女性研究者比率は、2021年には21.8%へ増加しました。学内の環境整備は少しずつ進んできましたが、今でも「リーダーは男性が務めるべき」「女性は子育てを優先すべき」「若手には任せられない」「自分にはできない」などといった無意識の偏った思い込みにより、若手や女性の研究者が、チャレンジすることを諦めてしまったり、活躍の機会が閉ざされてしまったりする状況があります。
 今回のロールモデル集では、千葉大学で活躍する9名の研究者を紹介しています。どの研究者も困難な状況に出会っても、前向きに自分の研究を続け、仲間と助け合いながら、新たな道を切り拓いています。
 この冊子が、研究者を目指す方だけでなく、研究者として悩みながら日々頑張っている方を励まし、新たなチャレンジを応援するものになればと考えています。

  • 千葉大学研究者ロールモデル集 Progress Vol.1 概要

<特集>インタビュー記事
テーマⅠ「世界を舞台に活躍する」
研究活動の実情や若手時代の経験、研究にかける思い 等
テーマⅡ「チームワークで可能性に挑む」
チームによる研究をいかにして成果に導いてきたのか 等
テーマⅢ「視野を広げ未来をつかむ」
海外での研究活動のきっかけや、海外で得られた成果 等

<研究者紹介(掲載順)>
•ハドロン宇宙国際研究センター 石原 安野 教授
•環境リモートセンシング研究センター本郷 千春 准教授
•国際学術研究院 小林 聡子 准教授
•園芸学研究院  秋田 典子 教授
•教育学部    西垣 知佳子 教授
•人文科学研究院 池田 忍 教授
•工学研究院   溝上 陽子 教授
•社会科学研究院 大石 亜希子 教授
•理学研究院   浦 聖恵 教授
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 千葉大学研究者ロールモデル集 Progress 創刊