六甲オルゴールミュージアム 「神戸べっぴんオルゴール オルゴール ミニ・サロン」 『神戸別品博覧会』会場にて2月25日・26日開催

株式会社フェリシモがオフィシャル協賛している『神戸別品博覧会』会場2階ギャラリーでは、2月25日(土)と26日(日)ファミリアの創業者として知られる坂野 惇子氏の夫で、同社元会長 坂野 通夫氏のアンティーク・オルゴールのコレクションを展示します。会場では、「六甲オルゴールミュージアム」の学芸員によるお話と、実際のオルゴールの音色もお聞きいただきます。坂野夫妻が生活の中で親しんだ当時の雰囲気をオルゴールの優しい音色とともにお楽しみいただきます。
 

 

 



◆開催概要 
六甲オルゴールミュージアム「神戸べっぴんオルゴール オルゴール ミニ・サロン」
・開催日程/2017年2月25日(土)・2月26日(日)
・時  間/14:00~18:00
・開催場所/『神戸別品博覧会』会場2階
・住  所/神戸市中央区三宮町2丁目11-3
・アクセス/JR「元町駅」東改札口から徒歩約5分。
・ウェブサイト >>> http://beppin-expo.com/
*参加は無料です。

◆演奏楽器
<写真>ベル付きシリンダー・オルゴール(19世紀末頃 スイス製)

付属楽器のベルのバチの部分が蝶の形をした可愛いデザインのオルゴールです。



<写真>ステラ126型(ディスク・オルゴール 1900年頃 アメリカ製〈機械部分:スイス〉)

裏側に突起が付いていない、特殊なディスクを使って演奏します。なめらかな演奏が楽しめます。


<写真>ポリフォン40型マ二ベル

手回し式のディスク・オルゴールです。ハンドルを回す速度で曲の速度を変えられます。
※楽器のコンディションにより一部変更の場合があります。


◆六甲オルゴールミュージアムについて
六甲オルゴールミュージアムは、六甲山上に位置し、19世紀後半から20世紀初頭にかけて欧米で親しまれてきたアンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器を所蔵するミュージアムです。
 

・営業時間/10:00~17:00(16:20受付終了)
・休 館 日/ 3月16日(木)までの木曜日
・入 館 料/ 大人(中学生以上)1,030円 小人(4歳~小学生) 510円
・住   所/神戸市灘区六甲山町北六甲  4512-145
・ウェブサイト >>> https://www.rokkosan.com/museum/



◆『神戸別品博覧会』について
「べっぴん」という言葉は“美しい女性”を表す意味で用いられていますが、江戸時代には「別品」と記し、“特別によい品物”を表す言葉でした。NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の放映開始を受けて、神戸から新しい「別品」を発信すべく、神戸の企業だけでなく全国から神戸を盛り上げたい企業と思いを同じくするアーティストが互いに新しい発想でコラボレーションした魅力ある神戸名産品を開発し発売するのが『神戸別品博覧会』です。この機会を神戸アピールのチャンスと捉え、官民一体となり改めて神戸を全国へ広く発信するイベントとして開催し神戸の新たな魅力度アップを目指しています。『神戸別品博覧会』サイトはこちら >>> http://beppin-expo.com/

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェリシモ >
  3. 六甲オルゴールミュージアム 「神戸べっぴんオルゴール オルゴール ミニ・サロン」 『神戸別品博覧会』会場にて2月25日・26日開催