「日本 No.1 最狭スプレッド挑戦計画」における12月度調査結果について

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:呉 一帆)では、2019年9月26日に公表いたしました「日本 No.1 最狭スプレッド挑戦計画」におけるスプレッドの変更プロセスに基づき、12月の検証を行いました結果をお知らせいたします。

■調査結果
12月度調査日:12月20日

​(注)原則固定(例外あり)スプレッドを比較対象としています。


この検証の結果により、12月に弊社で提示しておりました主要5通貨ペアにつきまして、
2020年1月も現行のスプレッドを継続して提供いたします。

 

【注意事項】

※日本時間AM8:00~翌AM5:00において原則固定です。(例外有り)
上記スプレッドは固定されたスプレッドではありません。市場の急変時(東日本大震災などの天変地異・各国中央銀行の市場介入・その他外部要因)や市場の流動性が低下している場合(月曜日の午前7時~午前8時頃、夏時間の午前6時前後(冬時間の午前7時前後)、クリスマス時期、年末年始、経済指標の発表前後の時間帯等においては、スプレッドが拡大する場合があります。
2019年末~2020年始における原則固定(例外あり)スプレッド適用対象外の営業日:
2019年12月24日(火)・2019年12月26日(木)・2019年12月30日(月)
2019年12月31日(火)・2020年1月2日(木)
(当日の相場状況によっては、広告のスプレッドを可能な限りの時間帯でご提供する予定です。)

なお、当社スプレッド配信実績につきましては、以下をご覧ください。

■スプレッド配信率
配信率は、期間中に提示スプレッドをどの位の割合で配信したのかという実績値です。
https://www.fxtrade.co.jp/mt4/service

■「日本 No.1 最狭スプレッド挑戦計画」について(2019年9月26日)
https://www.fxtrade.co.jp/support/303295

ゴールデンウェイ・ジャパン(株)は、お客様の取引コストの低減に向けての取り組みを続けてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。


■□■会社概要■□■
商号:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社
(英語名称:Goldenway Japan Co.,Ltd. )
所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
代表者:代表取締役社長 呉 一帆
資本金:3億5千万円(2019年3月末現在)
設立:2006年6月14日
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第258号
加入団体:一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号、
一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02639

▼FXTF MT4サービスリンク
・口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金):http://www.fxtrade.co.jp/reason/depo
・MT4をダウンロード・インストールする:http://www.fxtrade.co.jp/mt4/system/mt4
・スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて:http://www.fxtrade.co.jp/mt4/system#to2
・ログイン方法:http://www.fxtrade.co.jp/page-227921
・かんたんスタートガイド(PDF:8,088KB):http://www.fxtrade.co.jp/doc/mt4/mt4_start_guide.pdf

▼ソーシャルメディア
公式LINEアカウント:https://www.fxtrade.co.jp/page-300962
公式Twitter:https://twitter.com/FXTF_MT4
公式Instagram:https://www.instagram.com/gwfx_jp/
公式Facebook:https://ja-jp.facebook.com/fxtrade.co.jp
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/fxtradefxtf


【リスク警告】
外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場 の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元 本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様 が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが 受取りから支払いに転じることもあります。相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広 くなったり、意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注 文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。 

  1. プレスリリース >
  2. ゴールデンウェイ・ジャパン(FXトレード・フィナンシャル【FXTF】) >
  3. 「日本 No.1 最狭スプレッド挑戦計画」における12月度調査結果について