就活中やっておいてよかった!は、「自己分析」が1位!さらに、自分を表現する「身だしなみ」で気を付けたのは服装とヘアスタイリング!

就活生必見!?社会人1~5年目の就活OBに調査!第1弾

3月1日より就職活動解禁となり各社がエントリー受付を開始しています。
そんな中、新型ウイルス流行の影響や年々多様化する採用方法などへの対応に、悪戦苦闘している学生も多いのではないでしょうか。就職活動で重要なこととは何なのか、社会人1~5年目の男性就活OBに調査を実施しましたのでご報告します。

 

 

  • 就職活動で「もっとやっておけばよかった…」と後悔していることは、「企業分析」と「自己分析」!

就職活動中もっとやっておけばよかったと思うことは「企業分析」が最多で、次いで「自己分析」となりました。
企業分析や自己分析は就職活動の基本課題ですが、「もっとやっておけばよかった」と思った方が多くいました。準備にやりすぎは無いのかもしれません。しっかり時間をかけて、志望する企業や職種、自分を知るのが大切なのかもしれません。
 

  • 就職活動の実体験を元に、今の、そしてこれからの就活生にアドバイス!

就職活動の経験者としてアドバイスを求めたところ、「色んな会社を見るべき」や、「自己分析をしっかり」など、多くの企業をみて視野を広げることと、自己分析で自分をしっかり理解すること、などの内容が多くなっていました。
就職活動を終えたからこそ思うことがたくさんあるようですが、やはりアドバイスでも自己分析をしっかり準備しておくことをすすめる趣旨のものが多く見られました。就職活動で自分のやりたいこと、希望の職場を見つける上で自己分析は重要だったことがわかります。
 

 

  • 「やっておいてよかった!」就職活動に大事なのは「自己分析」!

就職活動中にやっておいてよかったと思うことは、1位「自己分析」、2位「企業分析」、3位「自己PR経験につながること(部活動やアルバイトなど)」、4位「身だしなみ」という結果になりました。上位3つは内面要素ですが、4人に1人は外見要素の「身だしなみ」をやっていてよかったと思ったようです。就活では企業選び、志望理由、自己PRなどあらゆる場面で自己分析が重要になりますが、これまでの人生で自分を分析する機会はあまりなかったのではないでしょうか。就活をきっかけに自己分析を真剣に取り組むのは成功への近道なのかもしれません。
 

  • 4人に1人がやっておいてよかったと答えた「身だしなみ」!気を付けていたのは服装とヘアスタイリングが上位!

身だしなみは自分を表現する手段のひとつです。その、身だしなみで気を付けていたことは、服装が最多、次いでヘアスタイリングとなりました。
就職活動での服装はスーツやネクタイ着用がほとんどですが初めて着用する人も多いはず。色々調べてみるなど気を付ける人も多かったのではないでしょうか。一方ヘアスタイリングは、普段のファッションやオシャレとは異なり、採用担当者や企業など相手からの印象を意識して、気を付けたのかもしれません。


ギャツビー インサイドロックシリーズなら、自然にキマって、朝のヘアスタイルが夜までキープ!
普段使いはもちろん、大切な面接前や長時間の就職活動にも最適!


髪の内部からスタイリングすることで、ベタつかずに自然なヘアスタイルが1日中キープできるスタイリングシリーズ。
朝のスタイリングに使用すれば、夜までしっかりキープできるため普段のスタイリングはもちろん、大切な面接や、1日に何件も回る企業訪問など長丁場の就職活動時にも最適!また、湿気に強い成分が髪の内部に浸透して固定するので、汗や梅雨シーズンの湿気でもヘアスタイリングをキープ。大活躍すること間違いなしのアイテムです。

【調査概要】
・調査手法:インターネットリサーチ
・調査時期:2020年2月実施
・調査対象:社会人5年以内の20~29歳男性 n=443(マンダム調べ) 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)マンダム >
  3. 就活中やっておいてよかった!は、「自己分析」が1位!さらに、自分を表現する「身だしなみ」で気を付けたのは服装とヘアスタイリング!