流行った音楽が一覧でわかる! 「auスマートパスプレミアム的2021年上半期 再生数ランキング& 話題になったアーティスト特集」本日より公開

映像・音楽・書籍・ライブなどのエンタメサービスがau、docomo、SoftBankなど、どの携帯キャリアでもいつでもお楽しみいただける「auスマートパスプレミアム」では、 「auスマートパスプレミアム」内の楽曲再生数ランキングと、話題になったアーティストを紹介する「音楽上半期ランキング&話題のアーティスト特集」を7月19日(月)に公開します。

「auスマートパスプレミアム」内の再生数ランキングでは、TOP10のうち、 YOASOBIの楽曲が1位、4位、8位の3曲がランクインしました。今や日本を代表するアーティストの一つとなったYOASOBI。数字で見ても圧倒的に大ブレイクした結果がわかる内容となりました。第1位はYOASOBIとして初の作品で、小説投稿サイトに投稿された星野舞夜『タナトスの誘惑』を原作として作詞・作曲された「夜に駆ける」。Billboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で累計再生回数5億回を突破。チャートインから63週目での5億回突破は歴代最速にあたります。


第2位は菅田将暉「虹」。映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の主題歌として、菅田将暉の友人でもあり、「さよならエレジー」でもタッグを組んだ石崎ひゅーいが作詞・作曲を担当したことでも話題となりました。家族の結び付きを丁寧に描いたドラマ仕立てのミュージックビデオも評判となっています。


第3位には、ボカロネイティブ世代として新たな音楽シーンを牽引するAdo「うっせぇわ」がランクイン。YouTubeのミュージックビデオ再生数と、Billboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”の再生回数でそれぞれ1億回突破を達成。大物歌い手に”歌ってみた”カバーされるなど「うっせぇわ現象」を巻き起こし、”聴くと無敵になれる””歌声がやばい””中毒性がありすぎる”と曲の話題とともに視聴回数を伸ばし、全世界から注目されました。


また、「auスマートパスプレミアム」内で話題になった楽曲では、2021年5月に結婚を発表した星野源・新垣結衣の2人が共演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」オリジナル・サウンドトラック、映画『花束みたいな恋をした』をきっかけにTikTokにも波及しロングヒットを記録しているAwesome City Club「勿忘」 、 藤原さくらがカバーして話題となっている大滝詠一「君は天然色」、アメリカ・ビルボードチャートのBillboard100で1位を獲得したBTS「Dynamite」などをピックアップ。あらゆるジャンルから、今年の上半期に話題となった楽曲をご紹介します。

■ 【auスマートパスプレミアム】的「音楽上半期ランキング&話題アーティスト特集」公開 概要
内容:「auスマートパスプレミアム」内の楽曲再生数ランキングと、話題になったアーティストを紹介する「音楽上半期ランキング&話題のアーティスト特集」を公開します。
公開日 :2021年7月19日(月)10:00~
対象ユーザー: 「auスマートパスプレミアム」会員(月額情報料548円(税込)/初回30日間無料)
URL:https://is.gd/3fsRRu


<2021年 上半期 auスマートパスプレミアム内再生ランキング>
順位/アーティスト名/曲名
  • 1位 YOASOBI「夜に駆ける」
  • 2位 菅田将暉「虹」
  • 3位 Ado「うっせぇわ」
  • 4位 YOASOBI「怪物」
  • 5位 優里「ドライフラワー」
  • 6位 LiSA「炎」
  • 7位 Eve「廻廻奇譚」
  • 8位 YOASOBI「群青」
  • 9位 yama「春を告げる」
  • 10位 LiSA「紅蓮華」
  • 11位 NiziU「Make you happy」
  • 12位 Official髭男dism「I LOVE...」
  • 13位 BTS「Dynamite」
  • 14位 Awesome City Club「勿忘」
  • 15位 Official髭男dism「Pretender」
  • 16位 DISH//「猫」
  • 17位 YOASOBI「ハルジオン」
  • 18位 King Gnu「白日」
  • 19位 米津玄師「感電」
  • 20位 YOASOBI「ハルカ」
  • 21位 米津玄師「Lemon」
  • 22位 YOASOBI「優しい彗星」
  • 23位 YOASOBI「たぶん」
  • 24位 YOASOBI「あの夢をなぞって」
  • 25位 YOASOBI「アンコール」
  • 26位 Novelbright「ツキミソウ」
  • 27位 Official髭男dism「Universe」
  • 28位 Uru「あなたがいることで」
  • 29位 Ado「ギラギラ」
  • 30位 MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」


 

<2021年 上半期 auスマートパスプレミアム内話題になったアーティスト>
アーティスト名/曲名
  • 星野源『逃げるは恥だが役に立つ』 オリジナル・サウンドトラック
  • YOASOBI「夜に駆ける」
  • Ado「うっせぇわ」
  • Awesome City Club「勿忘」
  • ひらめ「ポケットからきゅんです!」
  • Various Artists「GIRLS' LEGEND U」
  • 平手友梨奈「ダンスの理由」
  • 板野友美「Dear J」
  • いきものがかり「今日から、ここから」
  • ノースリーブス「サヨナラに気づいて・・・」【峯岸みなみソロ】
  • 宇多田ヒカル「One Last Kiss」
  • 大友良英「花束みたいな恋をした テーマ」
  • SPYAIR「轍~Wadachi~」
  • Who-ya Extended「VIVID VICE」
  • Cö shu Nie「give it back」
  • LiSA「炎」
  • Billie Eilish「Everything i wanted」
  • Taylor Swift「cardigan」
  • H.E.R.「I Can't Breathe」
  • Megan Thee Stallion「Realer」
  • BTS「Dynamite」
  • IZ*ONE「D-D-DANCE」
  • Daft Punk「One More Time」
  • 赤い公園「オレンジ」
  • 渋谷慶一郎「Midnight Swan」
  • Various Artists「Wellerman」
  • さだまさし「北の国から'93」
  • 本間勇輔「主題(Opening Theme)」(ドラマ「古畑任三郎」より)
  • 村上“ポンタ”秀一「コンチュージョン」
  • 小鳩くるみ「ピンポンパン体操」
  • 大滝詠一「君は天然色」
  • Chick Corea「Spain」
  • 西野カナ「恋する気持ち」
  • Brave girls「Rollin' (New Version)」
  • 高田みづえ「私はピアノ」


■「auスマートパスプレミアム」とは
「auスマートパスプレミアム」は、スマホライフを充実させる便利なアプリや、おトクなクーポン、あんしんのスマホサポートなどを月額情報料548円(税込)/初回30日間無料でご利用いただけるサービスです。2019年11月19日より、従来の「おトク」、「楽しい」、「あんしん」特典に加えて、映像・音楽・書籍などのエンタメデジタルコンテンツをお楽しみいただけるようになり、2020年3月からはVRやマルチアングル動画などのau5G向けコンテンツも楽しめるようになりました。さらに人気アーティストの完全招待制ライブやチケットの先行予約といったリアル特典も拡充いたしました。なお、2019年12月18日より、auに限らずスマートフォン・タブレットをお持ちのすべてのお客さまが利用可能です。
最新の特典内容など詳細は、こちら https://pass.auone.jp/main を参照ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KDDI株式会社 >
  3. 流行った音楽が一覧でわかる! 「auスマートパスプレミアム的2021年上半期 再生数ランキング& 話題になったアーティスト特集」本日より公開