ペットケアモニターでイオンペット動物病院とのオンライン連携を開始

シャープは、猫の健康管理をサポートするシステムトイレ型ペットケアモニター  <HN-PC001>の利用データを動物病院と共有する病院連携サービスを新たに開発しました。本サービスは、本年10月1日よりイオンペット株式会社(本社:千葉県市川市、代表取締役社長:米津 一郎、以下イオンペット)が運営する全国の動物病院(※1)にて、「キャットヘルスケアクラブ(※2)」として提供されます。

 ペットケアモニターは、猫の尿の量と回数、体重のほか、本機上での滞在時間などを自動的に計測し、クラウド上で記録・解析(※3)(※4)します。飼い主が、それらの情報をスマートフォンで確認する(※5)ことができるほか、独自の「異変検知アルゴリズム(AI)(※6)」により解析し、「尿量が多い(または少ない)」「滞在時間が長い」などの異変が検知された場合は、飼い主のスマートフォンに通知します。また、猫はトイレの設置場所が寒すぎるとトイレに行くのを我慢することがありますが、本機は設置場所周辺の温度も計測できるので、快適なトイレ環境の維持にも役立ちます。

ペットケアモニターが計測したデータは、これまで飼い主や登録された家族だけが確認できましたが、今回開発した病院連携サービスにより、イオンペットが展開する猫のための新しいヘルスケアサービス「キャットヘルスケアクラブ」を通じ、かかりつけの病院側でも計測データをいつでも確認できるようになります。

 飼い主と獣医師は、ペットケアモニターが計測した体重、尿量、尿回数などの情報を共有することで、いつでもどこでも猫の健康状態を確認できます。データ上の異変を検知すると獣医師から連絡が入り、異変が認められなかった場合でも年に1回の健康チェック(ペットドック)を受けることができ、オンラインとオフラインで大事なペットの健康管理を行えます。

当社は、これからも人とペットの健やかで快適な生活環境づくりに貢献してまいります。

※1 一部実施していない病院がございます。
※2 イオンペットが提供する「キャットヘルスケアクラブ」の詳細については、同社のサイトをご覧ください。
※3 疾病の診断を行うものではありません。取得されたデータを元に異変のお知らせを行いますが、その正確性を保証するものではありません。
※4 本機および本サービスの利用には、無線LAN環境(またはスマートフォン)および「COCORO PET」サービス(有料)への加入が必要です。
※5 専用アプリケーション「COCORO PET」のインストールが必要です。
※6 鳥取大学 農学部 共同獣医学科 岡本芳晴教授と共同で開発しました。

■ キャットヘルスケアクラブ」ウェブサイト:
https://www.aeonpet.com/lp/cat_healthcare.html
■「ペットケアモニター」ウェブサイト:
https://pethealthcare.sharp.co.jp/
■「ペットケアモニター」に関するお問い合わせ先:
pethealthcare@sharp.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. ペットケアモニターでイオンペット動物病院とのオンライン連携を開始