胸を揺さぶられる響きに、ご期待ください! 『藤井亜紀&江口心一 オール・ショパン・デュオ・リサイタル』カンフェティにてチケット発売中!

世界を舞台に活躍するピアニスト・藤井亜紀と、都響副首席チェリスト・江口心一による “オールショパン”プログラム! 

第517回日経ミューズサロン『藤井亜紀(ピアノ)&江口心一(チェロ) オール・ショパン・デュオ・リサイタル』が2021年12月9日(木)に日経ホール(東京都千代田区)にて開催されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて発売中です。
カンフェティにてチケット発売中
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=63235&

公式ホームページ
https://stage.exhn.jp/



世界を舞台に活躍し、「W100ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち」で紹介された藤井亜紀と、都響副首席チェリストで「高嶋ちさ子 with Super Cellists」メンバーも務める江口心一による “オールショパン”プログラム。ポーランドとの惜別の別れから二度とその土を踏むことが叶わなかったショパンの祖国への想いの結晶であるピアノ曲を経て、後半はショパンの生前最後に発表・出版され、人前でのラストステージで“盟友フランショーム”と演奏した稀有の名作「チェロソナタ作品65」をお送りします。胸を揺さぶられる響きに、ご期待ください!

■ 演奏曲
ショパン(1810-1849年)/
エチュード 作品10-3 「別れの曲」(1832年)
2つのノクターン 作品55 1. へ短調、2. 変ホ長調(1843年)
4つのマズルカ 作品67(遺作)1. ト長調(1835年)  2. ト短調(1849年) 3. ハ長調(1835年) 4. イ短調(1846年)
英雄ポロネーズ 変イ長調  作品53 (1842年作曲、1843年出版)
3つのワルツ 作品64  1. 変ニ長調「子犬のワルツ」2. 嬰ハ短調 3. 変イ長調 (1846-47)
バラード 第4番 ヘ短調 作品52(1842年作曲、1843年出版)
序奏と華麗なるポロネーズ 作品3  ハ長調(チェロとピアノのための 1830年作曲)
チェロとピアノのためのソナタ 作品65  ト短調(1845-46)

■ 出演者
藤井亜紀(ピアノ) / 江口心一(チェロ)

■ タイムテーブル
12月09日(木) 14:00 / 18:30

※開場は、開演の30分前
※上演時間:約2時間

■ チケット料金
全席指定(前売):5,000円(税込)


主催: 日本経済新聞社 / 協賛: ファンケル


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロングランプランニング株式会社 >
  3. 胸を揺さぶられる響きに、ご期待ください! 『藤井亜紀&江口心一 オール・ショパン・デュオ・リサイタル』カンフェティにてチケット発売中!