日本旅行オーストラリア オーストラリア・コアラ基金へ寄付

ありのままの自然でコアラが生息できるように オーストラリア森林火災による環境問題への取り組みを支援

株式会社日本旅行(本社:東京都中央区、社長:堀坂明弘)の海外グループ企業であるNIPPON TRAVEL AGENCY (AUSTRALIA )PTY.LTD.(以下、日本旅行オーストラリア)では、オーストラリア森林火災で大きなダメージを受けたコアラの救済のためオーストラリア・コアラ基金へ寄付を行ないます。
日本旅行オーストラリアでは、20数年来コアラ基金への寄付を行って参りました。昨年(2019年)から発生したオーストラリアでの大規模な森林火災により多くのコアラ生息地原生林が消失してしまいました。コアラのみならず10億匹以上といわれる野生動物が犠牲となり、地球災害規模の自然破壊となってしまったことを受け、オーストラリアの大自然の感動をもたらしてくれるかけがえのない環境を守るために行動いたします。
 
  • 寄付金に関して
内容 当社の取扱いでオーストラリアにご旅行される全てのお客様。
   1名様あたり1オーストラリアドルをオーストラリア・コアラ基金へ寄付いたします。
期間 2020年1月~12月日本出発分
対象 日本旅行オーストラリア現地手配の企画商品(ベストエクセレント・ベストツアー)、
   団体旅行(教育旅行団体、一般団体)
 

 
  • 日本旅行グループのSDGs宣言
日本旅行グループでは、SDGs 宣言として『Tourism for Tomorrow「おもいやり」と「きずな」でツーリズムにできること』を掲げ、将来にわたり持続できる事業を見据え、「人」「風景」「文化」の未来に貢献する活動を行っております。

 
  • オーストラリア・コアラ基金(Australian Koala Foundation)とは
1986年に設立されて以来、コアラの調査、保護、地域社会、教育などを主として活動する世界的な組織です。コアラを生存させていくために、人間の管理下でコアラを保存する事ではなく、ありのままの自然界のなかで、野生のコアラを長期的かつ効果的に保護していくことを目的としています。安全に暮らせる生息地の維持と効果的な保護対策をすすめ、より多くの人々の良心を呼び起こし、世界中の動植物体系の急激な悪化を阻止、回復していくことを目指しています。

<主な事業内容>
森林環境の再生事業
コアラの食べ物となるユーカリを中心に植樹することで、生息地を守り、木を育てるプロセスで得られるさまざまな気づきを多くの人々と共有し、常に成長し続けていきます。

環境保護や種の保存
コアラ生息地図のために膨大な量のデータを収集し調査し、保護プロジェクトを行っています。

開発環境サービス
土地の開発を計画する段階で、土地開発関係者にコアラ保護に関する適切なアドバイスの提供を行なっています。

教育サービス
教育機関者や個人向けにコアラ保護に関する教材を作成。またコアラ保護に関するプロモーション活動、メディアリリースなどによりコアラ保護の認識向上に貢献しています。

リサイクル促進事業
マイクロプラスチックの被害は森林や生息動物にも多大な影響を与えており、リサイクルの重要性や脱プラ促進を促しています。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 日本旅行 >
  3. 日本旅行オーストラリア オーストラリア・コアラ基金へ寄付