葉面スプレー市場ー化学物質別(リン酸塩、窒素、カリウム、カルシウム、微量栄養素など)、製品タイプ別、用途別および地域別ー成長、傾向、COVID-19の影響、および予測2022ー2030年

SDKI Inc.は、葉面スプレー市場の新レポートを2021年06月16日に発刊しました。この調査には、葉面スプレー市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-113986

世界の葉面スプレー市場は、予測期間(2022ー2030年)中に5%以上のCAGRを登録すると予測されています。園芸作物からの葉面散布の需要の高まりは、市場の成長を推進する主な要因です。さらに、市場の成長は、散布コストの増加、適用の容易さ、革新的な生産慣行、新製品の提供、可用性の向上、およびマイクロ灌漑と機械化灌漑システムの出現に起因する可能性があります。

葉面スプレーは、最小限の無駄で植物に微量栄養素を均一に適用することを保証します。葉面スプレー技術では、植物の葉に直接肥料を使用します。この技術は非常に効率的であり、作物の品質を向上させる結果になります。葉面スプレー技術の最終的な目標は、葉を通して植物に必要な量の栄養素を供給しており、過剰施肥による土壌の毒性を防ぐことです。簡単な散布、栄養素の均一な分配、農業生産量の増加など、葉面散布の独自の利点により、芝生や庭でのこれらの散布製品の需要が増加しており、葉面スプレー市場の成長に貢献しています。しかし、農業における有機肥料の需要の高まり、およびCOVID-19の蔓延による不利な状況など要因は、市場の成長を妨げる可能性があります。

COVID-19は、作物の成熟と収穫に影響を及ぼしました。封鎖規制と外出禁止令により、大多数の農民は家から出てくるのを恐れています。水田、トウモロコシ、赤ジョワール、唐辛子、トマトなどの作物、およびバナナ、スイカ、マスクメロン、スイートライム、ブドウ、ザクロ、パパイヤなどの園芸製品の準備が収穫するのに整った時期に、ロックダウンは農業部門に打撃を与えました。これらのすべての要因により、葉面スプレー市場の消費と需要は減少します。

市場セグメント

葉面スプレー市場は、化学物質別(リン酸塩、窒素、カリウム、カルシウム、微量栄養素など)、製品タイプ別(粉末および液体)、用途別(園芸作物、農業作物、果樹園作物、野菜、芝など)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

用途に基づいて、園芸作物セグメントは、最大な成長率で成長すると予想されます。葉面飼料は、特に園芸作物において、作物生産の不可欠な部分として広く使用され、受け入れられてきました。果樹は、夏の間にハダニが蔓延するために葉面散布によって処理することができます。利用できる水の量が少なく、小規模な農場の増加増、農業部門よりも報酬が高くなっているため、園芸部門は主要な推進力の1つになっています。インドには多様な気候と生理地理的条件があり、果物、野菜、花、ナッツ、スパイス、プランテーション作物などの園芸作物の栽培に理想的です。その結果、インドは最近、園芸の世界有数の生産国の1つです。これらの要因は、このセグメントの成長に貢献すると予想されます。

地域概要

アジア太平洋地域は、予測期間中に葉面スプレー市場を支配すると予想されます。この地域では、園芸作物からの葉面スプレーの需要が高まっており、中国、日本、インドなどの国々での消費量が多いため、農業部門で葉面スプレーの用途が拡大しています。葉面スプレーの最大の生産者は、アジア太平洋地域にあります。中国は世界の総農業面積の7%を占めており、世界人口の22%を養っています。中国は2019年に世界で5億8,826万メートルトンの新鮮な野菜の主要な生産国です。一方、インドは新鮮な野菜の2番目に大きな生産国であるのに対し、2019年には合計1億3,203万メートルトンでした。これらの要因により、アジア太平洋地域における葉面スプレー市場は、予測期間中に大幅に成長すると予測されています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

葉面スプレー市場の主要なキープレーヤーには、ANDAMAN AG、Nutrient Technologies、Yara、Aries Agro Limited、EUROCHEMなどがあります。この調査には、葉面スプレー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/foliar-spray-market/113986

SDKIInc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 葉面スプレー市場ー化学物質別(リン酸塩、窒素、カリウム、カルシウム、微量栄養素など)、製品タイプ別、用途別および地域別ー成長、傾向、COVID-19の影響、および予測2022ー2030年