小型サイズのリア専用 カロッツェリア ドライブレコーダーユニットを発売~フルHD録画対応の広視野角カメラを採用し、後方映像の高画質録画が可能~

 

 

商品名 型番 希望小売価格 発売時期
ドライブレコーダーユニット VREC-RH200 オープン価格 2月

 


近年、交通事故や交通トラブル時の映像を録画する用途でドライブレコーダーの需要が拡大する中、後方からの追突やあおり運転対策、駐車時の監視などの用途で後方撮影のニーズが高まっており、すでにフロント用のドライブレコーダーをお持ちの方が後方撮影用のドライブレコーダーを追加されるケースが増えています。
 このたび、パイオニアは、後方の映像を高画質で録画できる小型サイズのリア専用ドライブレコーダーユニット「VREC-RH200」を発売します。車両のリアガラスに目立たずすっきりと取り付けることができ、スマートフォンでドライブレコーダーユニットの映像確認、設定などの操作も行えます。

カロッツェリア ドライブレコーダーユニット:https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/system_up/recorder/vrec-rh200/

 【主な特長】
1) すっきりと取り付け可能な小型サイズ
本体部が縦32×横32×奥行34(mm)と小型サイズで、本体と電源ケーブル接続部用L字変換コネクターを同梱しているので、リアガラスへ目立たず、配線もすっきりと取り付けることができます。また、上下左右の首振り機構と熱線を考慮した両面テープを採用しており、さまざまな車種のリアガラスへの取付に対応しています。

 

【配線もすっきりとリアガラスへ取付可能】【配線もすっきりとリアガラスへ取付可能】


2) 高画質フルHD対応の広視野角なカメラを採用
解像度1920×1080pの高画質フルHD録画に対応した対角視野角130°の広視野角カメラを採用し、走行時や駐車監視時の後方の映像を高画質で広範囲に記録することができます。

3) スマートフォンでドライブレコーダーユニットの映像確認や設定が可能※1
iPhone/スマートフォン(AndroidTM)をWi-Fi接続することで、本体の映像確認や設定を手元のスマートフォンで行えます※1。また、リアルタイムな映像に加え、本体SDカード内に保存されている記録データのほか、撮影された映像をスマートフォンへ保存・編集し、手軽にSNSへアップロードすることも可能です。

4) 駐車中の車を見守る「駐車監視機能」を搭載
本体の内蔵バッテリーを使って駐車中の車を最大30日間監視できる「駐車監視機能」を搭載。衝撃を検知した時だけ本機が起動して撮影するため、内蔵バッテリーの消費を抑え、長時間の駐車監視を実現します。また、エンジンを切った後、録画を継続する設定も備えています(最大15分間)※2。

5) その他の特長
・録画時のファイルの断片化や、エラーを未然に防ぐ「SDカードフォーマットフリー」に対応
・長時間記録できるmicroSDHC/microSDXCメモリーカードに対応
・地上デジタル放送やGPSへの電波の影響を最低限に抑えるノイズ低減設計
・車両側のオーディオ電源と接続する電源ケーブル「RD-010」(別売)に対応

※1 専用アプリケーション「ドライブレコーダーリモート」(ダウンロード無料)が必要です。
※2 設定した録画時間により、駐車監視を行える最大日数が変わります。

* iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
* Androidは、Google LLCの商標です。
* その他に記載されている会社および商品名などは、各社の商標、または登録商標です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイオニア株式会社 >
  3. 小型サイズのリア専用 カロッツェリア ドライブレコーダーユニットを発売~フルHD録画対応の広視野角カメラを採用し、後方映像の高画質録画が可能~