11月22日(木)から開催の「チームラボ 高知城 光の祭」に高知にゆかりのある歴史上の人物が登場する作品「お絵かき龍馬たち」の追加が決定。

「チームラボ 高知城 光の祭」に、高知にゆかりのある歴史上の人物が登場する作品「お絵かき龍馬たち」の追加が決定。
坂本龍馬や板垣退助など、土佐(現在の高知県)出身の偉人を紙に描くと、描いた絵がスクリーン上で動き出します。

「チームラボ 高知城 光の祭」は、「志国高知 幕末維新博」の特別企画として開催。「お絵かき龍馬たち」を含む全6作品を展示。日本三大夜城の高知城をインタラクティブな光のアート空間に変えます。会期は2018年11月22日(木)〜 2019年1月6日(日)まで。前売券は、11月21日(水)まで、会場およびコンビニエンスストア、各種プレイガイドのウェブサイト、主な旅行代理店などで購入できます。

■展示会コンセプト
高知城は、1601年から約10年の歳月をかけて築かれました。その後、火災にあいながらも江戸時代中期には創建当初の姿で再建されました。日本で唯一、天守だけでなく本丸全体の建造物がほぼ完全に現存する貴重な城です。

チームラボは、「Digitized City」というアートプロジェクトを行っています。非物質的であるデジタルテクノロジーによって、街を物質的に変えることなく「街が街のままアートになる」というプロジェクトです。
さらに、チームラボの「人々の関係性を変化させ、他者の存在をポジティブな存在に変える」という考えによって、街がデジタルアートになることで、街にいる人々の関係性をとてもポジティブなものへと変えていくことができるのではないかと考えています。

「チームラボ 高知城 光の祭」では、江戸時代の姿を今に伝え、現在も高知の街の象徴である高知城を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変えます。

展覧会詳細:https://www.teamlab.art/jp/e/kochi-castle2018/

 

【追加作品】
お絵かき龍馬たち / Sketch Ryoma & Friends

teamLab, 2018-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab

※写真はイメージです。実際の作品とは異なります。(参考作品:お絵かきピープル&アニマルズ)
作品:https://www.teamlab.art/jp/w/sketch_ryoma

この草原は、みんなの描いた高知にゆかりのある歴史上の人物とピープルが集まる広場です。
紙に自由に、高知にゆかりのある歴史上の人物(坂本龍馬、坂本乙女、板垣退助、長宗我部元親)や、ピープル(男の子や女の子)を描きます。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な草原で歩き出します。

歴史上の人物やピープルに触ると、びっくりして、様々なアクションをとります。

 

【その他の展示作品】
呼応する、たちつづけるものたちと木々 / Resisting and Resonating Ovoids and Trees
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/ew/objects-and-tree-kochi-castle


城跡に置かれた立ち続ける物体と、城跡の木々が光り輝く。
立ち続ける物体と木々の光は、それぞれ自立しており、ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりしている。

立ち続ける物体は人に押され倒れかけると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、その光は、放射状に近隣の立ち続ける物体と木々に伝播していく。伝播した光は、同じように音色を響かせながら、立ち続ける物体と木々に連続して広がっていく。そして周りの「呼吸し呼応する石垣」にも呼応していく。

向こうの方から光が押し寄せてくれば、向こうに人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

高知城の石垣に住まう花と共に生きる動物達 / Animals of Flowers, Symbiotic Lives in the Stone Wall – Kochi Castle
teamLab, 2018,  Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/animals-stone-wall-kochi-castle

自然石をほとんど加工せずに積み上げた高知城の石垣に住まう動物の体には、花々が生えている。
花々は動物の体で生まれ、咲き、散って消えていく。
人々が動物に近づくと、花々は散っていく。
花々が全部散ると、動物は消えていく。

Waves of Light of Kochi Castle
teamLab, 2018, Digital Installation, Continuous Loop, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/waves-of-light-of-kochi-castle

高知城は、日本で唯一、天守だけでなく本丸全体の建造物がほぼ完全に現存する城。その本丸と二ノ丸を結ぶ渡り廊下の襖に、波を描いたインスタレーション作品。

波はコンピューター上の空間で、三次元上の水の動きをシミュレーションし構築している。水は、無数の水の粒子の連続体で表現し、粒子間の相互作用を計算している。そして、水の粒子の挙動で線を描き、三次元上の波の表層に線を描いている。そして、立体的に描かれた線の集合を、チームラボが考える「超主観空間」によって平面化し映像作品にしている。

呼吸し呼応する石垣 – 高知城 / Breathing Resonating Stone Wall – Kochi Castle
teamLab, 2018, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/ew/stone-wall-kochi-castle/

高知城は、日本で唯一、天守だけでなく本丸全体の建造物がほぼ完全に現存する城。その石垣が、全長約500mに渡って光り輝く。
石垣の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように明滅する。
二の丸・三の丸の「呼応する、たちつづけるものたちと木々」から伝播してきた光に呼応し、強く輝き、連続して広がっていく。

呼応する高知城 / Resonating Kochi Castle
teamLab, 2018, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/ew/resonating-kochi-castle/

高知城の本丸の光は、自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように明滅する。
二ノ丸・三ノ丸の「呼応する、たちつづけるものたちと木々」、追手門から三ノ丸・二ノ丸・本丸へと続く石垣の「呼吸し呼応する石垣 – 高知城」から伝播してきた光に呼応し、強く輝く。

【開催概要】
チームラボ 高知城 光の祭
https://www.teamlab.art/jp/e/kochi-castle2018
会期: 2018年11月22日(木)~ 2019年1月6日(日)
時間: 17:30~21:30(最終入場21:00)
会場: 高知城・高知公園(高知県高知市丸ノ内1丁目2−1)
アクセス: 
<お車をご利用のお客さま>
高知ICから車で約15分、JR高知駅から車で約10分
※駐車場は高知公園駐車場及び周辺有料駐車場をご利用ください。

<電車をご利用のお客さま>
とさでん交通 路面電車「高知城前」下車 徒歩3分
※JR高知駅からは「はりまや橋」で乗換となります。

入場料: 
<前売券/団体券(20名以上)>※前売券の販売は、2018年11月21日(水)まで。
大人1,300円、中高生700円、小学生400円

<基本料金>
1名分: 大人1,500円、中高生900円、小学生500円

<セット券> ※会場の販売所では取扱いがございません。
2名セット: 大人2,900円(1,450円/名)、中高生1,700円(850円/名)、小学生950円(475円/名)
3名セット: 大人4,200円(1,400円/名)、中高生2,400円(800円/名)、小学生1,350円(450円/名)

販売元 各種プレイガイドなど
・チケットぴあ(Pコード:991-970)http://w.pia.jp/t/teamlab-kc/
・ローソンチケット(Lコード:61679)https://l-tike.com/search/?lcd=61679
・e+(イープラス)http://urx3.nu/Mn1i
※会場(高知城)およびコンビニエンスストア(セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス)、各種プレイガイドのウェブサイト、主な旅行代理店などで購入できます。
※販売所によっては購入できない券がございます。
※高知城の夜間特別入館が可能です。
※未就学児は無料です。
※各種手帳持参者及びその介護者(1名)については、基本料金の半額とします。なお、当日会場での取り扱いのみとなります。(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳)
※いかなる場合においても購入後の払い戻しはいたしません。

注意事項: 
・高知城及び高知公園内には階段や段差があります。また、文化財を可能な限り往事の姿のままご覧頂く事を前提として整備をおこなっているため、公園内には未舗装道路が多く、建造物内のスロープ等はございません。
・泥酔等の来場者の迷惑となる場合や、開催の危害や支障を及ぼす可能性がある場合は来場をお断りします。
・悪天候等の場合は開催を中止する場合があります。

主催: 志国高知幕末維新博推進協議会
特別協賛: 株式会社サニーマート、株式会社IHI、株式会社第一コンサルタンツ
お問合せ: 
チームラボ 高知城 光の祭 インフォメーション
電話 0120-156-507(平日9:00 - 17:00)

【高知城】
高知城は、関ヶ原の戦の功績で遠州掛川より入国した山内一豊により慶長6年(1601年)築城が開始され、約10年の歳月をかけて築かれた。その後、火災にあいながらも江戸中期には創建当初の姿で再建する。天守や追手門を含む15棟の建造物が国の重要文化財に指定され、日本で唯一、天守を含む本丸の建築群がすべて現存する、江戸時代の姿を今に伝える貴重な城郭である。 
四季を通じて夜間イベントを開催していることなどが評価され、2014年には(一社)夜景観光コンベンションビューローから「日本三大夜城」の一つとして認定される。別名鷹城。 

【チームラボ】
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に、そして、自分と世界との間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」、「ミラノ万博2015」日本館をはじめ、シリコンバレー、台北、ロンドン、パリ、ニューヨーク、中国、シンガポールなど国内外で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」を常設。2020年秋まで東京・豊洲に超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」、2019年1月6日までAmos Rex(フィンランド・ヘルシンキ)で、オープニング展「teamLab: Massless」を開催中。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア・シドニー)、南オーストラリア州立美術館(オーストラリア・アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(トルコ・イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)に永久収蔵されている。

チームラボ: http://teamlab.art/jp/
Instagram: https://instagram.com/teamlab_news/
Facebook: https://www.facebook.com/teamLab.inc
twitter: https://twitter.com/teamLab_news
YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チームラボ >
  3. 11月22日(木)から開催の「チームラボ 高知城 光の祭」に高知にゆかりのある歴史上の人物が登場する作品「お絵かき龍馬たち」の追加が決定。