ハイブリッド型総合書店「honto」会員600万人を突破!コロナ禍で入会者数が前年比50%増。感染状況に応じて 巣ごもり と リアル店舗 を使い分ける利用者が急増しハイブリッド型が再評価

―“新しい生活様式”、“おうち時間”が増えたことなどから 断捨離・株式投資・ダイエット本 が売れ筋に―

 大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto」(https://honto.jp/)は、2020年10月に会員数 600万人を突破したことをお知らせします。
 緊急事態宣言が発令された2020年4月以降、外出自粛でリアル店舗の販売が落ち込んだ一方で、ネット経由で「honto」への入会者・利用者が急増しています。また、新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて“巣ごもり消費”と“リアル店舗(書店)”での購入を使い分ける利用者に、ネットとリアルを融合した「honto」独自のハイブリッドサービスが評価され、4月以降の入会者数は前年比50%増を記録しています。「鬼滅の刃」を始めとしたコミックはもちろん、新しい生活様式の影響や、おうち時間が増えたことなどから、断捨離・株式投資・ダイエットなどが販売を伸ばしている状況です。

■2020年4月以降の入会者がコロナ背景に増加
 「honto」は、電子書籍ストア・本の通販ストアと、リアル書店(丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店、戸田書店(一部))を共通の会員プラットフォームで連携させ、ネットとリアルを融合したハイブリッド型サービスを展開しています。新型コロナウイルス感染拡大によりリアル店舗への来店が困難になる中でネットサービスの利用が増加し、緊急事態宣言が発令された2020年4月の月間入会者数は前年比約2倍となりました。その後も高い水準を維持し前年比50%増のペースを記録。そして、2020年10月に600万人に到達しました。
 コロナ禍で、電子書籍の購入と、紙の本の通販購入を併用するユーザも大幅に伸びています。
<コロナ禍における「honto」会員数の動向>
・緊急事態宣言が発令された2020年4月の月間入会者数 ⇒ 約 2 倍(前年同月比)
・2020年4月〜10月のインターネット経由での新規入会者数 ⇒ 約 2 倍(前年比)

 

■コロナ禍での売れ筋タイトル(一例)


『鬼滅の刃』
吾峠呼世晴/集英社
映画も大ヒットの「鬼滅の刃」。1~22巻の全巻セット電子書籍版も人気です。
https://honto.jp/ebook/pd-set_28025716.html


 


『マンガでわかる!収納+整理術 ダイジェスト無料版』
宙花こより/学研
家時間を快適にするための収納・整理本が手に取られています。片付けのための、まとまった時間が取りやすいことも背景にありそうです。
https://honto.jp/ebook/pd_26154769.html
 


『マンガでわかる最強の株入門』
安恒理(著)、吉村佳(漫画)/新星出版社
今が投機と捉えた人も多かったようです。マンガで読みやすい、初心者向けの株式入門書が売れています。
https://honto.jp/ebook/pd_28540744.html
 


『絶対リバウンドしない! 朝・昼・夜のやせルール【お試し読み】』
ダイエットコーチEICO(著)、カツヤマ ケイコ(漫画)/あさ出版
外出自粛による運動不足でダイエットへの関心も高まったようです。お試し版のダイエット本が手に取られました。
https://honto.jp/ebook/pd_28870136.html
 


『家庭の医学』
主婦の友社(編)/主婦の友社
超ロングセラー「家庭の医学」の大改訂版の販売が急増しました。医療機関へは行かずに、まずはセルフケア・ホームケアで乗り切る家庭もあったでしょう。
https://honto.jp/ebook/pd_28893801.html
 


『人に伝える7つの力 会話力速効ドリル』
石田章洋/新星出版社
テレワークが急増してコミュニケーションの悩みが表面化した人も多かったのでしょうか。ビジネスシーンでの会話ノウハウがドリルで身に付く本が人気です。
https://honto.jp/ebook/pd_29345549.html


■会員600万人突破感謝・年末年始巣ごもり読書応援企画

【honto会員600万人突破記念大感謝祭】
 honto会員が600万人を突破したことを記念し、年末年始休暇が延長される今年の冬休み期間中に、巣ごもりで読書を楽しんでいただけるお得なキャンペーンを実施します。
<2020年11月20日から2021年1月11日まで>


■ハイブリッド型総合書店hontoとは

 「honto」は、リアル書店とネット書店を連携させたハイブリッド型総合書店として2012年5月にサービスを開始しました。ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店を連携し、「読みたい本を、読みたいときに、読みたい形で」提供しています。

≪ハイブリッド型総合書店「honto」公式サイト https://honto.jp/

 新型コロナウイルス感染予防を背景に、リアルとネットを融合した新しい生活様式が浸透を始めています。hontoは今後も書店での買物体験と読書体験向上のために、リアルとネットを融合したハイブリッド型ならではの価値を活かして他書店にはないサービスを展開していきます。

〇ハイブリッド型サービスの一例
●電子書籍ストア、本の通販ストア、リアル書店(全国の丸善、ジュンク堂書店、文教堂)の在庫情報を一元管理し、在庫検索アプリ「honto with」で各店の在庫状況が確認できます。
●在庫検索後は、ネット購入はもちろん、リアル書店の店舗を指定して店頭で受け取る「店舗受け取りサービス」も利用できます。※文教堂では店舗受け取りサービスは利用できません。
●共通IDによる利用情報の一元化で、購入済みの本や、欲しい本、チェックした本が「My本棚」でいつでも確認できます。紙の本も電子書籍も一括で管理します。
●リアル書店・ネット書店のどこで購入しても共通の「hontoポイント」が貯まります。紙の本も電子書籍も対象です。


〇honto会員の属性
男性53.53%、女性46.47%と男女比はほぼ半々、年代は20代から60代まで幅広くご利用いただいています。電子書籍、通販、リアル書店のいずれか2ストア以上利用するユーザは、男女ともに40代が多いです。

 


〇利用チャネル数別年間利用額

複数チャネル利用者の購入金額は、全体の客単価を「1」とした場合、客単価が2.1倍から5.7倍と、ストアで分散されることなく増加することが分かります。
また、複数ストア利用者の年間客単価は、総じて単ストア利用者よりも高くなり、紙の本と電子書籍を併用する利用者像が伺えます。



<大日本印刷株式会社 会社概要>
・会社名:大日本印刷株式会社(Dai Nippon Printing Co., Ltd.)    https://www.dnp.co.jp/
・社長: 北島 義斉
・所在地:〒162-8001 東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

<株式会社トゥ・ディファクト 会社概要>
・会社名:株式会社トゥ・ディファクト(2Dfacto, Inc.)    https://www.2dfacto.co.jp/
・社長:田宮 幸彦
・株主:大日本印刷株式会社
・所在地:〒141-8001 東京都品川区西五反田3-5-20
 



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. hontoPR事務局 >
  3. ハイブリッド型総合書店「honto」会員600万人を突破!コロナ禍で入会者数が前年比50%増。感染状況に応じて 巣ごもり と リアル店舗 を使い分ける利用者が急増しハイブリッド型が再評価