マレーシアにおける5G環境下の自動運転実証実験に参加

~アセアン地域での自動運転サービス商用化に向けて、実験エリアを拡大~

 パイオニア株式会社の連結子会社であるパイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社(以下、「PSSI」)は、シンガポールの自動運転関連スタートアップ企業MooVita Pte Ltd(以下「MooVita」)のマレーシア現地法人であるeMoovitとともに、1月よりマレーシアで行われている次世代通信規格「5G」回線を用いた自動運転実証実験に参加しています。
 本実証実験は、マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)が国内6州で開催する「5Gデモンストレーションプロジェクト」の一環として行われるもので、マレーシアのテレカンパニーAltel Communicationsの協力のもと、「5G」回線を用いた自動運転に関連する検証を行います。限定エリア(クダ州ランカウイ島のペランギビーチリゾート&スパ周辺)内で、5G回線経由でデータの送受信を行う4人乗りの自動運転シャトルバスを運行し、エリア内の利用者の試乗も行います。
 当社は、2018年より、シンガポールのMooVitaと、自動運転レベル4 のサービス商用化を視野に、当社の「3D-LiDAR センサー」を用いた実証実験を行っています。3D-LiDARセンサーは、レーザー光を照射することにより対象物までの正確な距離を測定し、周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるため、自動運転レベル3(条件付き自動運転)以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスと言われています。

PSSIの「3D-LiDAR センサー」が搭載された自動運転シャトルバスPSSIの「3D-LiDAR センサー」が搭載された自動運転シャトルバス

 

 

 PSSIは今後も、独自のセンシング技術を用いた自動運転関連のサービスやソリューションをグローバルに展開するため、アセアン地域を皮切りにさまざまなプロジェクトに参画し、自動運転の早期実用化およびサービス商用化に貢献してまいります。


<パイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社について>
パイオニアの自動運転関連事業を承継する新会社として、2019年10月1日に設立。同社は、高性能で小型かつ低コストなMEMSミラースキャン方式の3D-LiDAR センサーの開発を進め、2020年には本格的な量産を行います。同時に、3D-LiDARセンサーを活用した高精度な「物体認識アルゴリズム」および「自車位置推定アルゴリズム」「周辺環境情報の差分抽出アルゴリズム」の開発も行っています。
URL:http://autonomousdriving.pioneer/ja/

<MooVitaについて>
MooVita は、2016 年に創業した自動運転ソリューションの提供を専門とするハイテクスタートアップ企業で、シンガポールに本社、マレーシアとインドにオフィスを設けています。シンガポールの公共道路で自動運転車両を初めて走らせた団体の1 つでもある同社は、都市向け完全自動運転のソフトウェアソリューションを開発しています。
URL:http://www.moovita.com

<Altel Communicationsについて>
AlBukhary Group of Companiesの傘下企業として2012年に設立されたAltel Communicationsは、仮想移動体サービス事業者(MVNO)モデルを採用し、無線技術を使用したモバイルおよびネットワークソリューションを提供しています。
URL:https://www.altel.my/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイオニア株式会社 >
  3. マレーシアにおける5G環境下の自動運転実証実験に参加