新たなる最高傑作の誕生。東野圭吾、作家生活35周年記念作品『白鳥とコウモリ』本日(4/7)発売。

 

2021年4月7日(水)に幻冬舎より、東野圭吾の最新刊『白鳥とコウモリ』が刊行されました。
作家生活35周年記念となる本作は、“新たなる最高傑作”と既に大反響を巻き起こしています。
東野圭吾さんコメント:
「今後の目標は、この作品を超えることです」

全国の書店でお買い求めください。
●Amazonページ https://www.amazon.co.jp/dp/4344037731
●楽天ブックスページ https://books.rakuten.co.jp/rb/16637084/ 


 

【書籍紹介】
幸せな日々は、もう手放さなければならない。

遺体で発見された善良な弁護士。
一人の男が殺害を自供し事件は解決――のはずだった。
「すべて、私がやりました。すべての事件の犯人は私です」
2017年東京、1984年愛知を繋ぐ、ある男の“告白”。その絶望――そして希望。
「罪と罰の問題はとても難しくて、簡単に答えを出せるものじゃない」
私たちは未知なる迷宮に引き込まれる――。

作家生活35周年記念作品
『白夜行』『手紙』……新たなる最高傑作、
東野圭吾版『罪と罰』。



【書籍詳細】
書名:『白鳥とコウモリ』
著者:東野圭吾
発売:幻冬舎
発売日:2021年4月7日 (水) ※一部地域では発売日が異なります
定価:2200円(本体2000円+税10%)
判型:四六判並製
公式サイトURL:https://www.gentosha.co.jp/hakuchotokomori/


【著者プロフィール】
東野圭吾(ひがしの・けいご)
1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めをする傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー、専業作家に。1999年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。2019年に第1回野間出版文化賞を受賞。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 幻冬舎 >
  3. 新たなる最高傑作の誕生。東野圭吾、作家生活35周年記念作品『白鳥とコウモリ』本日(4/7)発売。