『HARE(ハレ)』が現代美術家の加賀美健さんとのコラボアイテム″TOKYO NONSENSE″の第2弾を展開

「1人暮らし」をテーマに、写真家の題府基之さんを第2弾のゲストとしてお迎えします

株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、代表取締役 会長兼最高経営責任者(CEO):福田三千男)が展開する『HARE(ハレ)』のコラボ企画として、現代美術家の加賀美健(かがみ・けん)さんとコラボレーションしたアイテム〝TOKYO NONSENSE vol.2〝を2月16日(金)より販売いたします。この企画は、加賀美健さんが注目しているアーティストを毎回ゲストとしてお招きしながら、「一人暮らし」をテーマにしたアイテムをお届けします。

 東京発のストリートスタイルをベースに、モードやアートなどのエッセンスを加えたシャープなスタイルを提案するHAREは、東京で活躍しているアーティストにフィーチャーしたコラボ企画を継続的に実施しています。
第1弾では発売後すぐに売り切れが続出し、大変大きな反響をいただきました。
 今回のゲストはユーモアと皮肉に満ちたセンスで、自身の身のまわりの事柄を主題とし、日常と非日常を行き来するような俯瞰的写真イメージを作り出す写真家、題府基之(だいふ・もとゆき)さんです。
コーチジャケットやスウェット、マグカップなど全7アイテムを販売します。

■コラボレーション詳細
発売日   : 2月16日(金)
発売店舗  : 全国のHARE店舗、公式WEBストア[.st]、ZOZOTOWN
        ※アウトレット除く
特設サイト : http://www.dot-st.com/cp/hare/tn2

■商品詳細 

 


■プロフィール
加賀美 健
1974年/東京生まれ/現代美術家
ドローイング、スカルプチャー、パフォーマンスまで表現形態は幅広い。
国内外の美術展に多数参加。2010年より代官山に古着、オリジナル商品を扱う自身のお店STRANGE STOREをオープン。
アパレルブランドとのコラボレーションも多数行っている。

 


題府基之
1985年東京都生まれ、東京都在住。
東京ビジュアルアーツ専門学校卒業(2017年)、同年『ひとつぼ展』入選。
ユーモアと皮肉に満ちたセンスで、自身の身のまわりの事柄を主題とし、日常と非日常を行き来するような俯瞰的写真イメージを作り出す。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アダストリア >
  3. 『HARE(ハレ)』が現代美術家の加賀美健さんとのコラボアイテム″TOKYO NONSENSE″の第2弾を展開